バックナンバー

  がんばれスポーツショップ。業績向上のツボ! http://

□ 最新号

  【がんばれスポーツショップ】ス...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...

他のバックナンバー

【がんばれスポーツショップ】新しい商品戦略を考える

  発行日:2019年05月22日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
---------------------------------------------------------------------
このメールは、過去にワン・トゥー・ワンコンサルティング梅本泰則主催の
セミナー等に参加してくださった方、コンサルティングを受けられた方、
お問い合わせをいただいた方、名刺交換をさせていただいた方など
『大切な方』にお送りしています。
---------------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!


     2019年5月22日発行         第639号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


●今日のテーマ:新しい商品戦略を考える


こんにちは。

ワン・トゥー・ワンコンサルティングの梅本泰則です。
http://www.121con.jp/

当メールマガジン、

「がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ」は、

スポーツショップの皆様の業績が、より向上することを願って

書かれたものです。

きっとこのメルマガの中には、あなたのお店がかかえている

問題を解決するヒントが隠されていると思います。

どうか気楽にお読みください。

----------------------------------------------------
 スポーツ店専門コンサルタントのページはこちら
   http://www.121con.jp/
----------------------------------------------------

先日、私のもとに「SIMEX2019」という

スポーツ用品展示会の案内状が届きました。

中小のメーカー7社が共同で出展します。

新しい動きですね。

「イノベーションを生み出す展示会」とあります。

ぜひイノベーションを起こしてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■      新しい商品戦略を考える      ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1.大手メーカー・問屋の販売政策



近ごろ、地域のスポーツ店さんから、

メーカー・問屋さんに対するご意見を、よくお聞きします。

販売政策に関すること、生産体制に関すること、

小売店に対するサポートに関すること、

さまざまです。


そんな中で、「急に販売方針を変えないで欲しい」

というご意見があります。

実は、いくつかの大手メーカー・問屋さんが

取引小売店さんの選別を始めているようです。


メーカー・問屋さんからお店に対し、

「○○ブランドの取り扱いを来シーズンから中止したい」

といった申し出が来ます。

小売店さんにとっては一大事です。

取り扱いができなければ、

その分、当てにしていた売上が無くなってしまいます。


このメーカー・問屋さんの戦略は、

一定額以上の取引のある小売店に商売を絞り込んでいこう

ということでしょう。


もともとそんなに年商の大きくない地域の小売店さんは、

それぞれのメーカー・問屋さんとの取引高が

たいして多くはありません。

メーカー・問屋さんにとっては、主力の取引先とは言えません。

地域一番店や大手チェーンなど、

取引額の多い小売店さんに絞って、

販売効率を上げていこうというわけです。


一方、小売店さんにとっては、たとえ取引額が少なくても

大手ブランドの商品は、売上の大きな助けになっています。

ですから、メーカー・問屋さんには取引を続けて欲しいと

望むのはもっともです。

とはいえ、メーカー・問屋さんにしてみれば、

致し方のない苦渋の選択なのではないでしょうか。



2.地域小売店の取る戦略



メーカー・問屋さんも厳しい競争環境にいます。

決して経営が楽なわけでもありません。

地域の小売店さんをすべてカバーできるほどの余力が

なくなっています。

経営戦略から見れば、

取引額の多い小売店さんに販売資源を集中させるというのは

正しい方針だと言えるでしょう。


もちろん、メーカ―・問屋さんにしてみれば、

長年自社の商品を販売していただいた

小売店さんとの取引をやめるのは辛いことです。

しかし、

そうとばかりは言っておられないのが実情なのでしょう。


では、そうしたメーカー・問屋さんの方針に対して、

地域の小売店さんはどうしたらいいのでしょうか。

問題はここです。


私は、こう考えます。

まずは、地域小売店さんは、

大手メーカー・問屋さんの方針を受け入れることです。

そして、「今まで努力をして売ってきてあげた」

という考えを捨てましょう。


そればかりか、

今まで売らせていただいたことに感謝をすることです。

それが出来れば、

地域小売店さんの新しい商品戦略を始めることができます。


そう、新しい商品戦略です。

いったい、どんな戦略でしょう。


まず、メーカー・問屋さんの方針によって

取り扱いが出来なくなる商品やブランド以外のものを

見てみます。

その中で、販売額の多い順に並べましょう。

その結果、上位に来た商品やブランドを、

これからのお店の主力商品とするのです。


そして、

それらの売上をどうしたら伸ばしていけるかを

一生懸命考えましょう。


その次にすることは、

新しい商品やブランドをお店に取り入れることです。

例えば、現在取引をしているメーカー・問屋さんは、

主力のブランド以外にいくつかのブランドを持っています。

その中で、新たに販売できる商品はありませんか。

探してみてください。

きっと何か見つかります。



3.中小メーカーとの協力



また、地域小売店さんにとって、

現在取引をしていないメーカー・問屋さんは、

まだ多くあることでしょう。

きっとその中には、

きらりと光る商品を扱っているところがあります。

ぜひ、そんな商品を見つけて、

新しい商品戦略を組み立てましょう。


とはいえ、

スポーツ用品業界では、メーカー・問屋さんの展示会が

地方で行われなくなってしまいました。

東京に集中してしまっています。

しかも、ブランド単独の展示会ばかりです。

これでは、

新しいメーカー・問屋さんを探すのには骨が折れます。


その一方で、中小のメーカーさんも、

小売店さんに商品を紹介する機会が減ってしまい大変です。

この状態が続けば、

中小メーカーさんの経営も苦しくなっていきます。

そんな状況を受けてでしょうか、

最近では中小メーカーさんが集まって

小規模な展示会が開催されるようにもなってきました。


地域の小売店さんも中小メーカーさんも、

新しい商売チャンスを探していかなければなりません。

お互いに、そうした機運を活用されてはいかがでしょう。

例えば、

地域の小売店さんが協力して、

中小メーカーさんに展示会開催を要請してみるのです。


多少の費用は掛かるかもしれませんが、

展示会のたびに東京へ何度も足を運ぶことを考えれば、

その時間も経費も助かるのではないでしょうか。

そのためには、

地元の問屋さんに協力してもらうのも良いかもしれません。


いずれにしても、どうしたら今までとは違った商品で

お店の魅力を出せるかを考えることが、

これからの戦略に必要なことだと思っています。

それに、商品のプロモーションは、

今までと違ってずいぶんと楽になっている時代です。

メーカーさんに頼らなくても、

自店のSNSで十分にできます。


いかがでしょうか。

このように新しい商品戦略を考えることで、

お店の力も上がっていくのは間違いありません。

とはいえ、新しい戦略を成功させるのは、

楽なことではないでしょう。

しかし、楽しい仕事です。

新しい商品を扱って、新しい道を探っていきましょう。






■今日のツボ■


・大手メーカー・問屋さんは取引を選別し始めている。

・地域のスポーツショップは、新しい商品戦略を考える。

・中小メーカーさんの商品にも焦点を当ててみる。




■編集後記■


いかがでしたか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポーツショップにお邪魔をすると、ちょくちょく

私の知らないブランドや商品に出会うようになりました。

時代は動いていますね。





経営コンサルタントの集まりで、

「参加者に分かりやすいセミナーコンテンツの作り方」

という話をしてきました。

コンサルタント業を始めたころは、

とてもこんな話が出来るとは

思ってもみませんでした。

だんだんと図々しくなってきたのでしょうか。







意見、ご感想がありましたら、121con@mbr.nifty.comまで
ご連絡ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】 ワン・トゥー・ワンコンサルティング
【発行者】 梅本泰則
【URL】 http://www.121con.jp/
【ブログ】 「お客さんが集まる元気なスポーツショップの作り方」
      http://ameblo.jp/121con/
【Eメール】121con@mbr.nifty.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※バックナンバーをお読みになりたい方はこちら。

http://backnum.cbz.jp/?t=tn38&b=nm23&m=2c7m

※配信が不要な方はお手数ですが下記から解除願います。

https://regist.combzmail.jp/d/2c7m&m=E-Mail