バックナンバー

  がんばれスポーツショップ。業績向上のツボ! http://

□ 最新号

  【がんばれスポーツショップ】地...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...

他のバックナンバー

【がんばれスポーツショップ】経営者の考えを従業員に伝える法

  発行日:2019年11月20日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
--------------------------------------------------------------------
このメールは、過去にワン・トゥー・ワンコンサルティング梅本泰則主催の
セミナー等に参加してくださった方、コンサルティングを受けられた方、
お問い合わせをいただいた方、名刺交換をさせていただいた方など
『大切な方』にお送りしています。
---------------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!


     2019年11月20日発行         第665号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


●今日のテーマ:経営者の考えを従業員に伝える法


こんにちは。

ワン・トゥー・ワンコンサルティングの梅本泰則です。
http://www.121con.jp/

当メールマガジン、

「がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ」は、

スポーツショップの皆様の業績が、より向上することを願って

書かれたものです。

きっとこのメルマガの中には、あなたのお店がかかえている

問題を解決するヒントが隠されていると思います。

どうか気楽にお読みください。

----------------------------------------------------
 スポーツ店専門コンサルタントのページはこちら
   http://www.121con.jp/
----------------------------------------------------

経営者の考えは、

従業員にどれだけ伝わっているでしょうか。

伝えているつもりが伝わっていない、

ということもありがちです。

考えを伝える方法はいろいろあります。

今回は伝える方法がテーマです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   経営者の考えを従業員に伝える法     ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1.伝わらない社長の考え



ある中間管理職の方が私に言いました。

「社長の考えが一般社員にうまく伝わっていない」

社長と直接接することの多い中間管理職には

社長の考え方はよく分かります。

ところが、一般社員にはどうも伝わっていないようで

もどかしいというわけです。


もちろん、中間管理職の人たちは折につけて自分の口で

社長の考えを部下に伝えます。

しかし、自分が直接社長から聞いた時と同じような感じで

伝えることは難しいです。

しかも、その中間管理職のフィルターがかかりますから

必ずしも社長の考えが正確に伝わるわけではありません。


こうした現象は、どんな組織でも起こりがちなことです。

ですから、あなたのお店でも

そうしたことは起こっているかもしれません。


例えば担当マネージャーとは

頻繁にお店の運営について話し合っていますから

あなたの考え方はよく理解されています。

では、

社歴の浅い社員やパートさんに対してはどうでしょう。

なかなか

マネージャーと同じような話をすることはありません。


お店の経営は、

全社員が同じ方向を向いて進んでいくことが大切です。

それならば、全従業員が経営者の考えを

正確に知っておくべきではないでしょうか。

そのためには、一つ良い方法があります。

それは、メディアを使うことです。



2.使うと良いメディア



この場合のメディアとは、新聞やSNSのことを指します。

例えば新聞の場合、全国紙にしても地方紙にしても

滅多にあなたのお店が記事になることはないでしょう。

では、業界紙はどうでしょう。

これならば、記事として取り上げられやすいです。

ですから、積極的に業界紙に投稿してはいかがでしょう。


「業界に対しての提言」とか「当社の新しい取り組み」とか

あなたの考えを投稿します。

それが記事に採用されれば、

業界の人たちが読んでくれるのです。

それと同時にお店の従業員の人たちにも読んでもらいます。

すると、

「普段、社長が言いたいことはこういうことだったんだ」

と、理解が進むはずです。


つまり、お店の会議や朝礼で伝えていた内容が

新聞というメディアで文字になることで、

あなたの考えがより一層明確になります。

その上、あなたにとっても、

記事を書くことで

自分の考えが整理をされることになるのです。


このように、

新聞を活用して従業員の皆さんに考えを知ってもらうのは、

とても効果的だと思います。


そして、もう一つのメディアがSNSです。

SNSには、

フェイスブックやツイッターといったメディアもありますが

あなたの考えを伝えるのに良いのは、ブログでしょう。


なぜなら、フェイスブックやツイッターに投稿しても

毎日受け取る数が多いので、

十分に読んではくれないことが多いからです。

一方、ブログは長文の記事を投稿しても、

そのつもりで読んでくれますし読み返してもくれます。

ですから、

考え方を伝えるSNSとしては、ブログがお勧めです。


そして、

そのブログはお店のホームページとリンクさせましょう。

そのことによって、

書く内容がお店に関することに絞られます。



3.ブログに書くこと



また、ブログのタイトルは「社長のブログ」というような

分かりやすいものにすると良いです。


では、そのブログにはどんなことを書いたらいいでしょう。

ここでは、あなたの時流のとらえ方とか

お店の方向性といったことを書くと良いかもしれません。

例えば、こんなテーマです。


・業界に影響を与えそうな世の中の出来事

・私が感じる最近の業界の変化

・メーカーさんや問屋さんに望むこと

・当店が最近行ったプロモーションの意味と結果

・当店が考えている今後の商品戦略

・当店がお客様に提供したいこと


それぞれテーマに沿って、

具体的な事例をいくつもいくつも考えていきます。

そして、1ブログにつき、1テーマ1事例です。

あれもこれもと書きつづるのはやめましょう。

普段お店で従業員の人たちに話していることで良いです。

そうすれば、

あなたの考えがより明確に従業員の皆さんに伝わります。


さて、上にあげたテーマの中で、

「戦略」に関する項目がありました。

お店の戦略をブログで明らかにしても良いのでしょうか。

一見不利なことのように思えますが、

そんなことはありません。

逆に有利に働く可能性の方が高いです。


なぜなら、

あなたのブログを読んだメーカーさんや問屋さんは

あなたのお店の戦略にあった提案をしてくれると

考えられるからです。

それに、他のお店の戦略は

そんなに簡単に真似が出来るものではありません。

お互いに条件が違うのですから。


ただし、このブログで気を付けることがあります。

それは、決して批判的な内容にしないということです。

例えば、

メーカーさんや問屋さんや商品を批判してはいけません。

批判ではなく、前向きな提言や提案をすることです。

批判をしたところで、解決にはつながりません。

ですから、解決方法につながる提言や提案をしましょう。

この点は、ぜひ気を付けてください。


いかがでしょうか。

口頭だけでなく、メディアを通じてあなたの考えを

従業員の皆さんに伝えていきましょう。

そして、皆さんで同じ方向に進んでいきましょう。






■今日のツボ■


・社長の考えは、なかなか全従業員には伝わらない。

・考えを伝えるには、メディアを利用すると良い。

・業界紙とブログを活用すれば、伝わりやすくなる。





■編集後記■


いかがでしたか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



ビジネス誌や全国紙に取り上げられるのは

大企業の経営者ばかりです。

しかし、中小企業の経営者には

SNSという武器があります。

大いに活用しましょう。






山形県の「かみのやま温泉」に行ってきました。

講演の仕事ではありましたが、

おかげで温泉につかってゆっくりと出来ました。

食事はおいしいし、

参加者の皆さんのおもてなしも最高。

本当にありがとうございました。

また機会があればお呼びください。






意見、ご感想がありましたら、121con@mbr.nifty.comまで
ご連絡ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】 ワン・トゥー・ワンコンサルティング
【発行者】 梅本泰則
【URL】 http://www.121con.jp/
【ブログ】 「お客さんが集まる元気なスポーツショップの作り方」
      http://ameblo.jp/121con/
【Eメール】121con@mbr.nifty.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※バックナンバーをお読みになりたい方はこちら。

http://backnum.cbz.jp/?t=tn38&b=nm23&m=2c7m

※配信が不要な方はお手数ですが下記から解除願います。

https://regist.combzmail.jp/d/2c7m&m=E-Mail