バックナンバー

  がんばれスポーツショップ。業績向上のツボ! http://

□ 最新号

  【がんばれスポーツショップ】成...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...

他のバックナンバー

【がんばれスポーツショップ】商売に活かす「論語」

  発行日:2019年04月03日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
---------------------------------------------------------------------
このメールは、過去にワン・トゥー・ワンコンサルティング梅本泰則主催の
セミナー等に参加してくださった方、コンサルティングを受けられた方、
お問い合わせをいただいた方、名刺交換をさせていただいた方など
『大切な方』にお送りしています。
---------------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!


     2019年4月3日発行         第632号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


●今日のテーマ:商売に活かす「論語」


こんにちは。

ワン・トゥー・ワンコンサルティングの梅本泰則です。
http://www.121con.jp/

当メールマガジン、

「がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ」は、

スポーツショップの皆様の業績が、より向上することを願って

書かれたものです。

きっとこのメルマガの中には、あなたのお店がかかえている

問題を解決するヒントが隠されていると思います。

どうか気楽にお読みください。

----------------------------------------------------
 スポーツ店専門コンサルタントのページはこちら
   http://www.121con.jp/
----------------------------------------------------

4月は多くの会社にとって、期の初めです。

新入社員が入ってきます。

あらためて会社のあり方を考えることもあるでしょう。

今回は、商売について「論語」から考えてみました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■      商売に活かす「論語」       ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1.論語に書かれていること



あなたは、「論語」を読んだことはあるでしょうか。

「論語」は二千年以上も前に書かれた書物です。

ですから、

いかにも古臭いことが書かれているようにも思えますね。


では、

そんな古い書物がなぜ今まで読み続けられて来たのでしょう。

それは、多くの人にとって、

実にタメになることが書かれているからです。


リーダーの心得のようなことも多く書かれていますが、

普通の人たちにも通じる言葉がたくさん出てきます。

いわば、人としての生き方が書かれた書物です。

しかも、いつの時代にも当てはまる内容が多いので、

皆の心に響きます。


例えば、今日本では、

いじめやバイトテロといった人のあり方が

問題になっていますよね。

金もうけだけに走って、人をだます企業があるのも問題です。

また、資本主義の発達は、貧富の差を生んでいます。

さらには、環境破壊を起こしている状態です。


大変バランスの崩れた社会になってしまっています。

そうした状態をどうしたら解決できるかということを

示唆してくれる書物でもあるのです。

実は、

「論語」が生まれた時代は、バランスの崩れた時代でした。

ですから、それを正しい方向に持っていきたいという思いが

この「論語」には詰まっているのです。


つまり、人はどうあるべきか、国はどうあるべきか、

社会はどうあるべきか、現代の私たちにとっても、

参考になる考え方が述べられています。


そして、商売の参考になる言葉も多いのです。

そこで、この「論語」のなかから、

商売の参考になりそうなものをいくつかピックアップして

紹介してみたいと思います。

「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る」

ということですね。



2.経営に必要なこと



「君子は本(もと)を務(つと)む。本立ちて道生ず」

という言葉があります。

経営は根本が大事だということですね。

根本とは「経営理念」や「経営方針」のことです。

それを明確にすれば、会社の進む道が明らかになります。


さらに、こんな言葉があります。

「一以(いつもっ)て之を貫く」。

これは、

「強い意志をもって、自分が正しいと思うことをやり通す」

ということです。

会社で言えば、理念を貫き通して社会の発展に尽くす、

ということを意味してるでしょう。

根本のありかたを示しています。


次にあげる言葉は、

「君子は義に喩(さと)り、小人は利に喩る」です。

ダメな会社は利益だけを考えるが、

優れた会社は社会に貢献することを考えている、

ということを意味しています。

利益だけを考えているとおかしなことが起こるのは

そのためです。


経営戦略について述べられた言葉もあります。

「遠きを慮(おもんばかり)無ければ、必ず近き患いあり」。

これは「遠慮」という言葉のもとになったものです。

その意味は、

「経営は長い目で戦略を立てることが大切で、

 目先のことだけを考えていると失敗する」

ということになります。

よく分かりますね。


経営に関する言葉はこれくらいにして、

次は「経営者」に関する言葉を拾ってみます。



3.経営者に必要なこと



「人の己を知らざるを患(うれ)えず、己の能なきを患う」。

比較的有名な言葉ですので、聞いたことがあるかもしれません。

この意味は、

「他人が自分を評価しないことに腹を立てるのではなく、

 自分の能力が足りないことを嘆きなさい」ということです。

もっと、自分の力をみがくことが大切だといっています。

プライドの高い人が陥りやすい現象ですね。

謙虚にならなくてはいけません。


さらに、同じような言葉で

「人の己を知らざるを患えず、人を知らざるを患う」

があります。

これも、他人の評価を気にするより、

他者を認めることが出来ることの方が大切だということです。

素直さが必要ですね。


次に、

「君子はこれを己に求め、小人はこれを人に求む」

という言葉があります。

優れた人物は何事も自分の責任として考え、

人のせいにしない、ということです。

さらに、

「小人の過(あやま)つや、必ず文(かざ)る」とあります。

だめな人は過ったときに必ず人のせいにするのです。

人間の大小が、ここで分かります。


最後にあげる言葉は

「徳は弧ならず、必ず隣あり」です。

徳のある人の周りには、

必ず同じような徳性の高い人が集まってくると言います。

徳というのは、他人を大切に思ったり、

正しい行いをしようとする態度のことでしょうか。

経営者は、徳を身につけないといけませんね。


いかがでしょうか。

まだまだ紹介したい言葉はありますが、

これくらいにしておきます。


論語にはこの他にも商売に活かせる言葉がありますので、

ご自分なりに引っ張り出してみてください。






■今日のツボ■


・「論語」が読み続けられているのには理由がある。

・商売に役に立つ言葉もたくさんある。

・自分なりに論語を読んでみると良い。





■編集後記■


いかがでしたか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


私が論語に出会ったのは高校生のときです。

以来、私の机のそばにはいつも論語がありました。

とはいえ、まだうまく読むことができません。





新元号が決まりましたね。

「令和」って良い響きです。

これで国中が大騒ぎをしています。

皆さん、日本のことを考える

きっかけになっているのでしょうか。

それも、なんだか嬉しそうです。







意見、ご感想がありましたら、121con@mbr.nifty.comまで
ご連絡ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】 ワン・トゥー・ワンコンサルティング
【発行者】 梅本泰則
【URL】 http://www.121con.jp/
【ブログ】 「お客さんが集まる元気なスポーツショップの作り方」
      http://ameblo.jp/121con/
【Eメール】121con@mbr.nifty.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※バックナンバーをお読みになりたい方はこちら。

http://backnum.cbz.jp/?t=tn38&b=nm23&m=2c7m

※配信が不要な方はお手数ですが下記から解除願います。

https://regist.combzmail.jp/d/2c7m&m=E-Mail