バックナンバー

  がんばれスポーツショップ。業績向上のツボ! http://

□ 最新号

  【がんばれスポーツショップ】コ...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...

他のバックナンバー

【がんばれスポーツショップ】成長を続ける

  発行日:2019年09月11日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
--------------------------------------------------------------------
このメールは、過去にワン・トゥー・ワンコンサルティング梅本泰則主催の
セミナー等に参加してくださった方、コンサルティングを受けられた方、
お問い合わせをいただいた方、名刺交換をさせていただいた方など
『大切な方』にお送りしています。
---------------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!


     2019年9月11日発行         第655号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


●今日のテーマ:成長を続ける


こんにちは。

ワン・トゥー・ワンコンサルティングの梅本泰則です。
http://www.121con.jp/

当メールマガジン、

「がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ」は、

スポーツショップの皆様の業績が、より向上することを願って

書かれたものです。

きっとこのメルマガの中には、あなたのお店がかかえている

問題を解決するヒントが隠されていると思います。

どうか気楽にお読みください。

----------------------------------------------------
 スポーツ店専門コンサルタントのページはこちら
   http://www.121con.jp/
----------------------------------------------------

私たちは何のために仕事をしているのでしょうか。

そして、何のために生きているのでしょうか。

答は人それぞれです。

私の答はどちらも

「成長するため」だと考えています。

そこで今回は成長の話です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■        成長を続ける         ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1.成長をやめる経営者



経営者が成長し続ければ、

その企業は成長する可能性が高いです。

逆に経営者が成長しなければ、

その企業の成長は難しいでしょう。

ですから、経営者にとっても企業にとっても、

成長を続けることは大事なことではないでしょうか。


それなのに、

成長することをやめてしまっている経営者がいます。

例えば、有名な先生の講演やセミナーに参加しても

一向にメモを取ることをしません。

あくびばかりをしている経営者もいます。

ついには眠ってしまう人も。

これで成長するのなら、不思議です。


また、新しいことにチャレンジしない経営者もいます。

例えば、デジタルの時代だというのに

お店のホームページも持っていません。

SNSでお店の情報を発信したり、

お客様と交流することもしません。

自分はこれまでやることをやってきたので

今さら新しいことに取り組む必要はないと

思っておられるようです。


こうした傾向は、

50代から70代の経営者に増えている感じがします。

どうしてこんなことになっているのでしょう。

これは時代の変化のスピードが、年配の経営者にとって

速すぎるからではないかと思います。


特に2010年ころからスマホが急激に普及して、

人々の情報のやり取りや商品の買い方が

大きく変わってきました。

つまり、お店にとって今までのような売り方では

対応できなくなってしまったのです。

この状態に、年配の経営者がとまどっています。



2.成長のチャンス



そのため、

「もう我々にはついていけない」

「若い人たちに任せておくしかない」

といった発言をされる経営者もいるのです。


しかし、これでは経営者は成長しません。

とうことは、

お店も成長しないということになってしまいます。

それは残念ですよね。

成長するのに年齢は関係ありません。

いくつになっても成長し続けることです。

そのためには、

新しい時代の波に飛び込んでいくしかありません。


新しい時代とは、IT革命の時代のことです。

この時代に対応するには、AIやIoTの技術な流れや

デジタルマーケティング、SNSマーケティングといった

ことについて勉強をしなければなりません。


そして、世の中は実店舗とネットとを一緒に考える

オムニチャネルの時代です。

もう、実店舗だけで商品を売ったり

お店の宣伝をする時代ではありません。

インターネットを活用した商売が必要です。


そのためにも

デジタルマーケティングやSNSマーケティングの

手法を学ばなければなりません。

「私には分からない」といって逃げていては、

成長にはつながらないでしょう。


逆に言えば、ここは大きなチャンスです。

多くの経営者が、変化についていけません。

昔ながらのやり方や考え方にとらわれています。

もちろん、そのことも必要ですが、

もうそれだけでは今の時代を乗り切ることは

難しいです。



3.成長をする方法



ですから、

新しいことにチャレンジをしていく経営者やお店には

チャンスが巡ってきます。


では、そのチャンスをものにするには

どうしたらいいでしょう。

まずは片っ端から

デジタルマーケティングに関する本を読むことです。


すると、

「SEO」「アルゴリズム」「ページビュー」

「コンバージョン」「リスティング」「リテンション」

「トランザクション」「インフルエンサー」

などといった横文字がいっぱい出てきます。


心配しなくても大丈夫です。

何冊も読んでいるうちに、

何となくデジタルの世界が見えてきます。


そして次は、世間にあふれている

無料のデジタルセミナー、WEBセミナー、

AIセミナーなどに参加することです。

だんだんとデジタルへの抵抗がなくなります。


さらには、

最新のデジタル技術を紹介する大きな展示会も

頻繁に開かれますので参加しましょう。

そうすれば、

新しい変化への挑戦意欲もわいてきます。

その結果、

経営者として成長し続けることができます。


こうした話をすると

「何をあくせくする必要があるのか」

と思う経営者がいるかもしれません。

しかし、

その経営者は成長したいとは思わないのでしょうか。


成長することをあきらめたときから

後退が始まっていきます。

それは寂しいことではありませんか。

成長し続けられるかどうかは、

経営者自身の問題です。

新しい時代の波に乗って、

時代を乗りきっていきましょう。





■今日のツボ■


・成長をやめてしまう経営者がいる。 

・時代の変化のスピードについていけないからだ。

・変化に対応する勉強をすれば成長をし続けられる。





■編集後記■


いかがでしたか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



経営コンサルタントの中にも、

成長をやめてしまった人がいます。

カビの生えてしまった経営理論に

とらわれているようです。






バスケットのワールドカップで、

日本はまったく歯が立ちませんでしたね。

Bリーグの力はまだまだです。

世界に追い付くには、

あと10年はかかるかもしれません。

Jリーグでさえようやくという感じです。

今後のバスケットの成長に期待をします。





意見、ご感想がありましたら、121con@mbr.nifty.comまで
ご連絡ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】 ワン・トゥー・ワンコンサルティング
【発行者】 梅本泰則
【URL】 http://www.121con.jp/
【ブログ】 「お客さんが集まる元気なスポーツショップの作り方」
      http://ameblo.jp/121con/
【Eメール】121con@mbr.nifty.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※バックナンバーをお読みになりたい方はこちら。

http://backnum.cbz.jp/?t=tn38&b=nm23&m=2c7m

※配信が不要な方はお手数ですが下記から解除願います。

https://regist.combzmail.jp/d/2c7m&m=E-Mail