バックナンバー

  がんばれスポーツショップ。業績向上のツボ! http://

□ 最新号

  【がんばれスポーツショップ】地...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...

他のバックナンバー

【がんばれスポーツショップ】コンサル奮闘記 第四弾

  発行日:2019年11月13日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
--------------------------------------------------------------------
このメールは、過去にワン・トゥー・ワンコンサルティング梅本泰則主催の
セミナー等に参加してくださった方、コンサルティングを受けられた方、
お問い合わせをいただいた方、名刺交換をさせていただいた方など
『大切な方』にお送りしています。
---------------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!


     2019年11月13日発行         第664号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


●今日のテーマ:コンサル奮闘記 第四弾


こんにちは。

ワン・トゥー・ワンコンサルティングの梅本泰則です。
http://www.121con.jp/

当メールマガジン、

「がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ」は、

スポーツショップの皆様の業績が、より向上することを願って

書かれたものです。

きっとこのメルマガの中には、あなたのお店がかかえている

問題を解決するヒントが隠されていると思います。

どうか気楽にお読みください。

----------------------------------------------------
 スポーツ店専門コンサルタントのページはこちら
   http://www.121con.jp/
----------------------------------------------------

メルマガ第662号では

「コンサル奮闘記 第三弾」を紹介しました。

テーマはモチベーションのアップ方法でした。

忘れないうちに、第四弾を出します。

今回は、会議、日報、掃除の事例です。

コンサルティングの中では、

方針決定とか戦略策定といったことだけでなく、

細かい内容の提案もします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■     コンサル奮闘記 第四弾        ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1.強み弱み発見会議



私はコンサル先のスポーツ店さんには

「お店の強み弱み発見会議」をしていただくように

提案しています。

社員の人たちが集まって、

お店の強みと弱みを出し合うという会議です。


会議の進め方は先方にお任せしていますが、

方法はお伝えしてあります。

全員に白紙の用紙を配り、

それぞれ、まずお店の「強み」を箇条書きで出していきます。

一人につき30個から50個です。

それが終わったら、次はお店の「弱み」です。

これも各30個から50個書き出してもらいます。


社員が10人のお店ならば、

強みも弱みも

それぞれ300個から500個が出ることになります。

この会議は結構ハードですが、社員の皆さんが

お店の強みや弱みを真剣に考える機会になりますので、

とても意味のある時間です。


各自が書き出した「強み」「弱み」は、

内容をグループ分けします。

例えば、

接客、スタッフ、運営、組織、商品力、サービス、

価格、経営陣、情報発信、店舗、歴史、立地、地域支援、

福利厚生、外商、ネットなどといった項目です。


その後、

グループ分けした強み弱みの内容を皆さんに知らせます。

ここで、

「そうだ、こんな強みもあった!」と気がつく人もいます。

「弱みは、自分たちの姿勢にも問題がある」

と反省する人もいます。

経営者にとっても、

社員の考え方がよく分かるきっかけにもなりますので、

今後の運営に大きな参考となるのです。


そして、この「強み・弱み発見会議」を行うと、

皆さんのやるべきことがはっきりとします。

お店の方向性も共有できますので、

ちょっと大変ですが、実に効果的な会議です。



2.日報を書く



町の小さなスポーツ店さんで、

従業員が日報を書いているところは少ないです。

そのお店もそうでした。

どうも、社員の皆さんに覇気が感じられません。

店主とのコミュニケーションも、

それほどうまくいっていない様子です。


そこで、このお店の販売スタッフの皆さんに

「日報」を書いていただくことにしました。

初めてのことですので、どんな書式が良いのか、

どんな内容を書いたらいいのか分かりません。


私は、一人A4用紙一枚で

一日の報告を書いてもらうようにお願いしました。

内容は、まずその日に行った仕事を

午前、午後、夕方以降に分けて箇条書きにしてもらいます。

その下に、仕事を通じて気付いたことを、

「商品」「売場」「お客様」「その他」に分けて、

これも箇条書きです。


これだけですので、

慣れればそんなにむつかしい作業ではありません。

ところが、日報など書いたことのない人ばかりですから、

皆さん戸惑います。

それでも、必ず毎日書いてもらうことを徹底しました。


提出された日報は、

全部一冊のファイルにして事務所に置いておきます。

従業員の誰もが読むことが出来るのが目的です。

提出された日報には、毎日店主が赤ペンでコメントを書くことも

義務付けていただきました。


すると、だんだん皆さんどんな内容を書けばいいのか、

他の人の日報を参考にするようになります。

店主のコメントを見ながら、

仕事のポイントも押さえていくようになりました。

朝礼では、ときどき日報に書かれた内容が話題になります。


やがて、従業員の皆さんは

メーカーさん、問屋さん、お客様と話をするとき、

日報に書くことを意識するようになっていくのです。

他のスタッフの日報に書いてあったことも

情報として会話に差し込まれます。


半年を過ぎたころ、

日報はお店にとってはなくてはならないものになっていきました。

お店の中の風通しが良くなったようです。

ですから、今でも「日報」は多くのお店に提案をしています。



3.一平方メートルの掃除



近頃は、スポーツ店さんの売場も綺麗に商品陳列がされて、

掃除も行き届いているお店が多くなりました。

大型店の売場の影響でしょうか。

とはいえ、まだまだ売場の清掃が不十分なお店があります。

何十年も同じ環境で商売を続けていると、

それに慣れてしまうのでしょう。


本当ならば、数年に一度は売場の改装をして欲しいところですが、

必ずしもそうはいきません。

費用的に無理なお店もあります。

そこで私は、そんなお店には売場の整理整頓だけでなく、

掃除をしっかりしていただくようにお願いをしています。


ただし、掃除には一つのルールがあります。

それは、開店前の30分間、

毎日一人が自分の持ち場を一平方メートルだけ

徹底的に綺麗に掃除をする、というものです。

それ以上の範囲を掃除してはいけません。

次の日は隣の一平方メートルを掃除。


これを続けるだけで、売場は見違えるように綺麗になります。

しかも、従業員の皆さんの意識が変わっていくのです。

このお店が、今まで掃除をしていなかったのではありません。

自分たちはきちんと掃除をしていたつもりですが、

一平方メートルの掃除をし始めると、

いかに大ざっぱにしか行っていなかったかということに

気が付きます。


まず、床の汚れです。

拭けば拭くほど汚れが落ちていきます。

次に気になるのが、商品陳列棚やハンガーの汚れです。

徹底的に磨きます。

プライスカードがついていなかったり、

POPが古くなっていることにも気がつくようになります。

一ヶ月も続ければ、

自分の持ち場の掃除がひと通り終わるでしょう。


その頃には、従業員の皆さんに変化が現れてきました。

例えば、少しでも床にゴミが落ちていると、

すぐに拾うようになります。

商品が歪んで陳列されていると、すぐに直します。

汚れていたり、整理整頓がされていないと、

気持ちが悪いのです。


売場だけでなく、

トイレやお店の周りも熱心に掃除をするようになりました。

一平方メートルの掃除を始めてから、

お客様は以前より気持ちが良さそうです。

売場の掃除が行き届くと、

売上に良い影響が出るのは間違いありません。

そんな習慣をつけていただくこともコンサルタントの仕事です。







■今日のツボ■


・強み弱み発見会議で、お店の方向性と課題を明確にする。

・全員が日報を書くことで、情報の共有と意識づけができる。

・一平方メートルの掃除を徹底的すると、従業員の意識が変わる






■編集後記■


いかがでしたか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



お店の運営は、

従業員全員で行うと効果が出ることがあります。

今回の事例は、その良い例です。

あなたのお店でも試してみてください。






「プロが伝授!真の経営コンサルタントへの道!」

というセミナーを行いました。

無料のためでしょうか、満席となったのには驚きです。

意外と経営コンサルタントという仕事に

興味のある方が多いのですね。

今回のセミナーを聞いて、

一念発起する人が出てくるかもしれません。







意見、ご感想がありましたら、121con@mbr.nifty.comまで
ご連絡ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】 ワン・トゥー・ワンコンサルティング
【発行者】 梅本泰則
【URL】 http://www.121con.jp/
【ブログ】 「お客さんが集まる元気なスポーツショップの作り方」
      http://ameblo.jp/121con/
【Eメール】121con@mbr.nifty.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※バックナンバーをお読みになりたい方はこちら。

http://backnum.cbz.jp/?t=tn38&b=nm23&m=2c7m

※配信が不要な方はお手数ですが下記から解除願います。

https://regist.combzmail.jp/d/2c7m&m=E-Mail