バックナンバー

  がんばれスポーツショップ。業績向上のツボ! http://

□ 最新号

  【がんばれスポーツショップ】新...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...

他のバックナンバー

【がんばれスポーツショップ】10年後の展望中間チェックと追加

  発行日:2020年01月01日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
--------------------------------------------------------------------
このメールは、過去にワン・トゥー・ワンコンサルティング梅本泰則主催の
セミナー等に参加してくださった方、コンサルティングを受けられた方、
お問い合わせをいただいた方、名刺交換をさせていただいた方など
『大切な方』にお送りしています。
---------------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!


     2020年1月1日発行         第671号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


●今日のテーマ:10年後の展望中間チェックと追加


あけましておめでとうございます。

ワン・トゥー・ワンコンサルティングの梅本泰則です。
http://www.121con.jp/

今年もよろしくお願いします。

当メールマガジン、

「がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ」は、

スポーツショップの皆様の業績が、より向上することを願って

書かれたものです。

きっとこのメルマガの中には、あなたのお店がかかえている

問題を解決するヒントが隠されていると思います。

どうか気楽にお読みください。

----------------------------------------------------
 スポーツ店専門コンサルタントのページはこちら
   http://www.121con.jp/
----------------------------------------------------

コンサルタントの仕事には、

「将来を予測する」ということがあります。

本当のことを言えば、将来のことなど正確には分かりません。

しかし、将来について、ある程度の仮説を立てていかないと

お客様にアドバイスができません。

そこで、今年も当たるも八卦当たらぬも八卦。

無謀な予測をしてみます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■    10年後の展望中間チェックと追加     ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1.10年後の予想中間チェック(1)



2019年は、ラグビーW杯があれほど盛り上がったのは

予想外でした。

そして、今年は東京五輪。

さらにスポーツで盛り上がることが予想されます。

楽しみですね。


さて、「予想」といえば、

2014年1月のメルマガで、10年後の予想をしました。

タイトルは「スポーツ用品業界10年後の展望」(第358号)

というものでした。

そこでは、12のことが予想してあります。

そこで、6年後の今、その予想がどのようになっているか、

一度中間チェックをしたいと思うのです。


それぞれ簡単に、今の状況と今後についてコメントします。


●予想1【問屋さんが半減している】

この6年の間に、いくつかの老舗問屋さんが姿を消しました。

案の定、今も問屋さんの苦戦は続いています。

今後も明るい兆しは見られません。

4年後には、

またいくつかの問屋さんがなくなっているかもしれません。


●予想2【メーカーさんの東南アジア市場への進出拡大がされている】

大手メーカーさんの何社かは、

国内市場ではなく東南アジアでのビジネスを拡大しています。

グローバル戦略の一環ですね。

まだ後に続くメーカーさんも出てくるでしょう。

それによって、国内市場の活性化が図れればいいのですが。


●予想3【大型スポーツチェーンのPB化が進んでいる】

意外と大手チェーンのPB化は進んでいませんね。

自社で商品開発するのは、結構壁が高いのかも。

そうしている内に、ユニクロ、デカトロン、ワークマンといった

SPA(製造小売)企業に市場を奪われそうです。


●予想4【総合スポーツ店が、次々と競技別専門店に変更している】

この傾向は、かなり進んでいます。

特に野球専門店になったお店が多いのではないでしょうか。

皆さん一番得意の分野ですからね。

その他の競技に絞ったお店もありますが、それほど多くはありません。

今後については、もうひと工夫しないと、減速する可能性があります。


●予想5【小売業の東南アジア進出が活発になっている】

うーん、この予想は全くはずれています。

大手チェーンの東南アジア進出が盛んになると思っていましたが、

中国に進出したお店もうまく行きませんでした。

とはいえ、今後東南アジアでのスポーツ人口は増えていくでしょう。

夢と意欲のある経営者がいれば、十分にチャンスはあります。



2.10年後の予想中間チェック(2)



まだまだ続きます。


●予想6【高齢者専用スポーツ用品の市場が増大している】

この動きも、まだそれほどは見られません。

今後高齢者が増えるのは間違いないです。

この市場を拡大しようとすれば、

従来の商品や売り方ではいけません。

きっとIT技術を使った商品が出てくるでしょう。


●予想7【レディーススポーツウエア市場が確立している】

レディーススポーツウエアの市場は確実に伸びています。

特に、アスレジャーのようなカテゴリーでの需要は大きいです。

問題は、女性アスリートや観客向けの商品開発にあります。

その市場は、まだブルーオーシャンです。


●予想8【新しい業態のスポーツショップが登場している】

今のところ、新業態と言えるようなお店は出来ていません。

アパレル業界や家電業界では、新しい提案のお店が登場しています。

スポーツショップについては、まだこれからでしょう。

うかうかしていると、他業界からの手が伸びるかも。


●予想9【スポーツショップのメーカー系列化が進む】

系列化とまでは行きませんが、

多くのメーカーさんが販売店の選別をし始めています。

メーカーさんの直営店も増加傾向です。

今後も、メーカーさんの影響力は強くなっていくことでしょう。


●予想10【現小売商組合とは違った会員組織が生まれる】

今のところ、この予想は全くの当て外れです。

大きな夢とパワーを持った革新的人材が現れない限り、

新組織は生まれません。


●予想11【各メーカーさんの営業支援会社が台頭する】

これも外れています。

問屋さんの弱体化に伴って、

メーカーさん自身が販売会社を作るだろうと予想をしましたが、

私の読みは間違っていました。

今後は、在庫を待たない問屋さんの登場があるかもしれません。


●予想12【スポーツショップ運営サポート会社が出現する】

これも、今のところ予想が外れています。

その気になれば、

問屋さんやメーカーさんを辞めた人たちが集まって、

小売店運営サポート会社は出来ると思うのですが。

新しいビジョンを持った人材の出現に期待したいですね。



いかがでしょうか。

以上、12の予想に対する中間チェックをしてみました。

こうしてみると、

まだまだビジネスチャンスがあることが分かります。



3.追加の予測



さて、2014年の時点では12の予測をしましたが、

さらに時代は変化をしています。

その変化をもとに、いくつかの予測を追加することにしました。

それは、以下のようなものです。


●スポーツ用品専門のECモールが出来る。


楽天などの大手モールに出店しているスポーツショップは、

だんだんと利益が取りづらくなって、困っています。

ですから、アパレル業界のZOZOTOWNのように

スポーツ用品に特化したECモールが出てくるかもしれません。


●商品のカスタマイズ化が進む。


スーツもオーダーメイドが盛んになってきています。

在庫商品を減らすという業界の要求もあるからです。

スポーツシューズばかりでなく、

スポーツウエアもオーダーメイドが増えていくでしょう。

スポーツ用具にもオーダーメイドの波は訪れます。

いわゆるカスタマイズ化の進展です。


●環境問題を意識した商品やサービスが増える。


地球環境の保護は、世界的なテーマになっています。

環境問題に配慮した商品を、

いくつかのスポーツメーカーさんが作り始めました。

いずれスポーツショップも、環境問題を意識した

商品やサービスの提供が求められる時代がやってきます。

早く取り組んだところにチャンスはあるでしょう。


●スポーツテクノロジーによる商品が増える。


スポーツテクノロジーの開発が盛んです。

大手ITメーカーさんや通信・映像事業者、ベンチャー企業も

参入してきています。

ビジネスとしてのうま味があるからです。

スポーツ用品業界も、うまく取り入れなければいけません。


●大学スポーツの商品化が進む。


UNIVAS(大学スポーツ協会)の動きはまだ鈍いですが、

水面下では着々とビジネス化の準備がされていると思います。

メーカーさんだけでは、市場を拡大することは出来ません。

既存のスポーツショップは、その流通に参加できるでしょうか。


●中小スポーツショップのM&Aやグループ化が進む。


経営者の高齢化、後継者の不在などという問題で、

中小スポーツショップ同士のM&Aが進む可能性があります。

また、いくつかのお店がグループになって経営力を強化する

というケースも現れるかもしれません。

その場合は、グループのリーダーの力量次第です。


●中小スポーツメーカーの逆襲が始まる。


スポーツ用品の総合見本市が開催されなくなりました。

中小メーカーさんにとっては、

商品を紹介する機会が無くなってしまって大変です。

このままじっとしていても、ビジネスの拡大は出来ません。

グループ化を図るなり、中小メーカー専用サイトを作るなり、

きっと何らかの逆襲が始まります。



いかがでしょうか。

特に画期的な予測というわけではありませんが、

期待を込めて妄想をしてみました。

新年の戯れ言ということで、お許し願います。






■今日のツボ■


・10年後の予測を中間チェックすると、業界の動きが分かる。

・まだ動きが見られないことの中にも、チャンスは隠れている。

・時の流れで、新しい予測もしておく必要がある。





■編集後記■


いかがでしたか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



将来のことは、過去の流れから推測できることもあります。

100年後の日本の姿を予想した100年前の記事が、

どこかの新聞で紹介されました。

それを見ると、結構言い当てていることも多かったです。

私の推測も少しは当たるかも。




さて、今年の私の一年はどうなるでしょうか。

昨年は、良いことが多かったです。

今年も良いことがあるよう、

いろいろと計画を練っていきます。

うまく行くことを願うばかりです。

もちろんメルマガも頑張って書いていきます。

ということで、

本年もどうかよろしくお願いいたします。



ーーーーーーーーーーーーー
  お知らせ
ーーーーーーーーーーーーー

経営者や経営コンサルタントを目指す人に最適な講座が開催されます。

主催は一般社団法人日本経営士会中部支部です。

講座の内容は以下の通りですので、どうかお申し込みください。

【経営士補養成講座】

◆日時:2020 年1月18 日、2月1日、2月8日、2月15日、2月22日
    (毎回土曜日開催の5日間:合計30 時間)

◆内容:企業経営の基本、MPPの理解、財務の基礎、
    人事の基礎、情報管理、販売とマーケティング
    生産管理と品質管理、CSRの基礎、環境経営

◆会場:愛知学院大学 名城公園キャンパス(AGALS タワー)

◆定員:10 名 

◆受講料:75,000円

◆申込締切:定員になり次第締め切り


【環境経営士養成講座】

◆日時:ベーシックコース 2月29日(土)
    アドバンストコース 3月7日(土)、8日(日)

◆内容:ベーシックコース 地球環境問題、日本の環境問題
    アドバンストコース 環境経営、CSR、効果測定
              コンパクトシステム
              ワークショップ
  ※ベーシックコースはeco検定合格者、ISO審査員、
   環境カウンセラーなどの資格者は免除となります

◆会場:愛知学院大学 名城公園 キャンパス(AGALS タワー)

◆定員:ベーシックコース  5名 
    アドバンストコース 10 名

◆受講料:ベーシックコース  13,000 円
     アドバンストコース 25,000 円

◆申込締切:定員になり次第締め切り


なお、詳細とお申し込みは日本経営士会中部支部のホームページを
ご覧ください。

https://keieishikai-c.jp/wp-content/uploads/2019/08/f0ece9f6b99ee71d742b1ca4fd0780ce.pdf

https://keieishikai-c.jp/wp-content/uploads/2019/08/d760223baa674572f9f1612db940cd7b.pdf






意見、ご感想がありましたら、121con@mbr.nifty.comまで
ご連絡ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】 ワン・トゥー・ワンコンサルティング
【発行者】 梅本泰則
【URL】 http://www.121con.jp/
【ブログ】 「お客さんが集まる元気なスポーツショップの作り方」
      http://ameblo.jp/121con/
【Eメール】121con@mbr.nifty.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※バックナンバーをお読みになりたい方はこちら。

http://backnum.cbz.jp/?t=tn38&b=nm23&m=2c7m

※配信が不要な方はお手数ですが下記から解除願います。

https://regist.combzmail.jp/d/2c7m&m=E-Mail