バックナンバー

  がんばれスポーツショップ。業績向上のツボ! http://

□ 最新号

  【がんばれスポーツショップ】 ...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

      My Yahoo!に追加

□ これまでの発行号

  【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ。...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ。...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【緊急告知】4月8日に私のセ...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ。...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ号...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...

【がんばれスポーツショップ】今月の格言より

  発行日:2015年10月21日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
---------------------------------------------------------------------

このメールは、過去にワン・トゥー・ワンコンサルティング梅本泰則主催の
セミナー等に参加してくださった方、コンサルティングを受けられた方、
お問い合わせをいただいた方、名刺交換をさせていただいた方など
『大切な方』にお送りしています。

※配信が不要な方は、お手数ですが下記から解除願います。
https://regist.combzmail.jp/d/2c7m&m=E-Mail

---------------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!


     2015年10月21日発行          第452号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


●今日のテーマ:「今月の格言より」



こんにちは。

ワン・トゥー・ワンコンサルティングの梅本泰則です。


当メールマガジン、

「がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ」は、

スポーツショップの皆様の業績が、より向上することを願って

書かれたものです。

きっとこのメルマガの中には、あなたのお店がかかえている

問題を解決するヒントが隠されていると思います。

どうか気楽にお読みください。



ご存知の方もいるでしょうが、

私は毎月「121わくわく新聞」を発行しています。

その連載記事に「今月の格言」という欄があります。

今回はその中から、経営に関するものをいくつか

ピックアップしてみます。

「121わくわく新聞」を読んでおられる方も

もう一度、思い出してみてください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■       今月の格言より         ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1.経営に関する格言



● 経(はか)るに五事をもってする。


孫子の言葉です。

中国の兵法書「孫子」は世界中で読まれています。

特に経営者の読者が多いようです。

「これを経るに五事をもってす」の言葉は、

孫子の最初の方の「始計篇」に出てきます。

戦いに勝つには五つの基本原則がある、と言っているのです。

五つとは、「道」「天」「地」「将」「法」のことです。

経営に置き換えてみると、「道」は「経営方針」、

「天」は「時流」、「地」は「地域」、「将」は「経営者」、

「法」は「組織・戦略」ということになるでしょう。

経営が上手く行くための要素ですね。

このように、孫子には経営のヒントが満載です。


● 創業は難きに似て易く、守成は易きに似て難し


吉田松陰の言葉です。

松陰は、数多くの幕末改革派に強い影響を与えました。

今、世界は大きな変革期を迎えています。

そして、日本は起業ブームです。

しかし、3年後に残る企業は2割にも満たないとも言われます。

「創業は・・・」の言葉の通りです。

かつてのベンチャー企業であったソニーやシャープも、

今や守成に苦労をしているところです。

一方、京セラやソフトバンク、ユニクロ、楽天などの起業家は、

さらに勢いをましています。

しかし、油断をすれば「守成は難し」という事態になるかもしれませんね。

とはいえ、創業をしなければ、何も始まりません。

そして、松陰はこう言います。「一時の屈は、万世の伸なり」


● 功の崇(たか)きは、これ志、 業の広きは、これ勤


中国の最古の歴史書「書経」の言葉です。

成功のためには「志」と「勤」の二つが必要だといっています。

「志」とは大きな目標、そしてその目標を達成するためには

「持続的な努力」をしなければならないという意味です。

まさに私たちの人生にも経営にも当てはまります。

三千年も前に、このようなことが言われていたとは驚きです。

日本人は「勤」は得意ですが、問題は「志」。

最初は「志」の無いままに事業を始められた方も、

気がついたときに「志」を持てば大丈夫です。

成功に至ることが出来るでしょう。

私ももう一度、目標を確認することにします。




2.経営者に関する格言



● 徳は才の主、才は徳の奴なり


明の洪自誠が著した「菜根譚」にある言葉です。

「菜根譚」は、あまり知られた書物ではありませんが、

名経営者の隠れた愛読書となっています。

このことばの意味は

「立派な人になるには人格と才能が必要だが、人格を高めることの方が重要だ」

という意味です。

世の中には才能に優れた人が数多くいます。

頭の良い人、勉強のできる人、スポーツに長けた人、技術のある人。

その才能を活かすには、

「徳(人格)」が伴っていなければうまくいかないということです。

「才」だけで一時的に成功したとしても、それはやがて崩れていきます。

やはり、人格を磨くことが先決なのです。

「菜根譚」では、「徳は事業の基なり」とも言っています。



● その長ずる所を尊び、その短なる所を忘る


三国志に出てくる呉の孫権の言葉です。

上司が部下を育てる方法を説いています。

部下の短所は見ないで長所を伸ばせ、ということですね。

素晴らしい言葉です。

人というのは、相手の欠点ばかりに目が行きがちです。

良い所をなかなか見つけられません。

ですから良い指導が出来ないのです。

良い上司は部下の成果を心からほめてあげます。

あの山本五十六元帥も言っています。

「ほめてやらねば人は動かじ」。

そして、経営コンサルタントの船井幸雄さんは

「他人を心からほめられるようになって一人前」と言っています。

それほどほめることは難しいのです。

「知識も経験も教養もない人間力の低いうちは、他人の欠点しか見えない」

からだそうです。

大いに反省しなければ。



3.生き方に関する格言



● 上善は水のごとし


「老子」に出てくる言葉です。

水のように生きれば、理想の生き方が出来るという意味です。

ここでは、「水」から三つのことを学ぶと良いと説かれています。

一つは水の「柔軟性」です。

器の形によってその形を変えて、少しも逆らいません。

自然体ですね。

二つ目は、水から「謙虚さ」学べということです。

水は高いところから低いところに流れます。

低い位置というのは人が嫌がるところだけれど、

水はそれを気にしない、ということです。

三つ目は、ものすごいエネルギーを秘めている点です。

水には岩をも砕く力があります。

「エネルギー」を内に秘めて生きよ、ということでしょう。

水のように生きるのは、なかなかのことですね。


● 太上は天を師とす


佐藤一斎の「言志四録」からの言葉です。

江戸後期に活躍した、この漢学者を知らない人も多いでしょう。

6千人もの門下生をかかえ、

吉田松陰や西郷隆盛たちにも大きな影響を与えた大学者です。

この「言志四録」は、今でも指導者のためのバイブルとして、

多くの経営者や政治家に読まれています。

上の言葉の意味は、

「天、すなわち自然、宇宙の真理を師として教えを受ける人は

最も優れている」というものです。

この後に

「其の次は人を師とし、其の次は経(書物)を師とす」と続きます。

深いですね。

私も、天を師としたいとは思いますが、その道ははるかかなたです。


● 講学の道は敬天愛人


西郷隆盛の有名な言葉です。

天とは、天地自然の理、宇宙の法則であり、

天は人も自分も同じように愛しているから、

自分も人を愛さなければいけない。

それが人間の道だ。

という意味です。

先の、佐藤一斎の言葉に通じるものがあります。

それにしても、西郷さんを好きな日本人は多いですよね。

司馬遼太郎の「跳ぶが如く」で私の出会った西郷さんは、

すごい人物でした。

その中で、坂本龍馬にこのように言わせています。

「小さく打てば小さく響き、大きく打てば大きく響く」。

それだけ度量が大きいということでしょう。

敬天愛人のなせる業です。

西郷さんのような先達を持てた日本は幸せだと言えます。






■今日のツボ■


・事業の成功には「志」と目標を持って、基本原則に従うことである。

・経営者は知識も必要だが、人格を高めることがさらに大切である。

・人は自然を師とし、水のように生きるのが最善である。





■編集後期■


いかがでしたか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



「今月の格言はむつかしい!」とおしかりをうけることがあります。

でも、どれもなかなか味のある言葉だとは思いませんか?

何度も読み返して味わってください。




風がさわやかです。

近所をウォーキングしていたら

遠くの友人にばったり出会いました。

お子さんの用事だったようです。

極めて出会う確率の低い場所で会うのは

偶然とはいえ、不思議なものを感じます。




■「スポーツ店経営実践塾」会員募集中です。

http://www.121con.jp/keiei/index.html



意見、ご感想がありましたら、121con@mbr.nifty.comまで
ご連絡ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】 ワン・トゥー・ワンコンサルティング
【発行者】 梅本泰則
【URL】 http://www.121con.jp/
【ブログ】 「お客さんが集まる元気なスポーツショップの作り方」
      http://ameblo.jp/121con/
【Eメール】121con@mbr.nifty.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※配信が不要な方はお手数ですが下記から解除願います。

https://regist.combzmail.jp/d/2c7m&m=E-Mail