バックナンバー

  がんばれスポーツショップ。業績向上のツボ! http://

□ 最新号

  【がんばれスポーツショップ】社...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ。...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ。...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【緊急告知】4月8日に私のセ...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ。...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ号...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...

【がんばれスポーツショップ】マックアースに学ぶ

  発行日:2016年03月09日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
------------------------------------------------------------------
このメールは、過去にワン・トゥー・ワンコンサルティング梅本泰則主催の
セミナー等に参加してくださった方、コンサルティングを受けられた方、
お問い合わせをいただいた方、名刺交換をさせていただいた方など
『大切な方』にお送りしています。
---------------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!


     2016年3月9日発行          第472号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


●今日のテーマ:マックアースに学ぶ




こんにちは。

ワン・トゥー・ワンコンサルティングの梅本泰則です。
http://www.121con.jp/

当メールマガジン、

「がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ」は、

スポーツショップの皆様の業績が、より向上することを願って

書かれたものです。

きっとこのメルマガの中には、あなたのお店がかかえている

問題を解決するヒントが隠されていると思います。

どうか気楽にお読みください。

----------------------------------------------------
 スポーツ店専門コンサルタントのページはこちら
   http://www.121con.jp/
----------------------------------------------------

どの市場にもライフサイクルというものがあります。

スキー市場もそうです。

今は、衰退期と言って良いでしょう。

しかし、それも方法によっては導入期へと変わります。

今回、そんな事例をご紹介します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■      マックアースに学ぶ        ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1.マックアース



2016年2月25日放送のカンブリア宮殿を

ご覧になりましたか?

「マックアース」という、スキー場運営会社が紹介されました。

これが、実に考えさせられる内容でした。

スポーツショップにも学べることがたくさんありましたので

ご紹介したいと思います。


「マックアース」は、

全国34か所のスキー場を運営している企業です。


かつてのスキーブームが去ってから、

スキー市場は大変なことになりました。

1997年には1800万人だったスキー人口が、

2015年には770万人にまで減っています。


スキー用品を主力にしていたスポーツショップが

戦略変更を余儀なくされたのは

あなたの記憶にも新しいところです。


当然、スキー場も大変です。

それまでのように、スキー場にお客様がやってきません、

多くのスキー場が赤字におちいり、

閉鎖に追い込まれたところも少なくないと聞きます。


その間、あの手この手で運営を立て直そうとしますが、

どうも結果は良くありません。


ところが、この「マックアース」はスゴイのです。

スキー場運営事業に乗り出したのが、2008年。

それが、2015年には180億円の規模にまで急成長しました。

いくつものスキー場を再生しています。

どうして、こんなことが出来たのでしょうか?



2.経営者の思い



「マックアース」の経営者は、一ノ本達己氏(48歳)です。

兵庫県ハチ北高原スキー場ロッジの息子さんとして生まれました。

スキー場に育ててもらったという気持ちを強く持っています。

当然、スキー市場低迷の波はかぶりました。

しかし、育ててもらったスキー場に恩返しをしたいという

熱い思いがある経営者です。


考えてみれば、スキーがブームだったころの経営は楽でした。

リフトを回していれば、お客は次から次へと押し寄せ、

「何もしなくても売れる」という時代が続きました。

マーケティングなどという発想は、必要ありません。

スポーツショップもそうでしたね。


それが、事態は急変。

スキー客の激減です。

どんな手を打ったらいいかわかりません。

そこへ、一ノ本社長の登場です。


彼は言います。

「スキー場の役割は、雪国の暮らしを守ることだ。」

スキー場が繁盛すれば、雪国が栄えるということです。

このことは、スポーツショップにも当てはまります。

スポーツショップの役割は、地域スポーツマンの役に立つことです。

そして、スポーツショップが繁盛すれば、スポーツ市場が栄えます。


さらに、一ノ本社長は言います。

「地方に住んでいる人が地域の魅力を発信することが

 地方の活性化につながる。」

その通りです。

スポーツショップも、そうでなくてはなりません。



3.再生の秘訣



番組では、一ノ本社長が手掛けたスキー場再生が、

3つ紹介されました。


一つは、札幌から30分という立地の小樽スノークルーズオーンズ。

前年の4倍にあたる900枚のシーズンチケットが売れました。

二つ目は、岐阜県の郡上ダイナランド。

ここは、来場者が前年より6万人増えて、

売上も25%アップだったそうです。

三つ目は、長野県おんたけ2240.

ここも、1年間で来場者が1万7千人増え、40%アップ。


いったい、どんな手を使ったのでしょう。


例えば、新商品の取り扱いがあります。

・スノーラフティングができる

・スノースクートができる

・アイスクライミングができる

といったことです。


また、新サービスとして、

・キッズルームや託児所の設置

・15人乗りのゴンドラ

・リフト券のIC化

・本格シェフによるおいしい食事

を始めました。


そしてまた、

・LED30万個の夜景演出

・スキーのスター選手養成システム

など、新しい価値を付け加えました。


要するに、

集客のためのマーケティングを駆使したということです。

つまり、

・スキー以外の体験をしてもらう

・ロマンチックな異次元空間を楽しんでもらう

・お客様が満足するサービスやおもてなしをする

・スター養成によりブランド力をあげる

という、新しい魅力を提供し、お客様を増やしました。


ここにヒントをもらえば、まだスポーツショップにも

出来ることがあるはずです。

何ができるか、一度あなたも考えてみてください。




■今日のツボ■


・マックアースは、衰退期のスキー場運営を再生させた。

・市場や地域に対する恩返しの気持ちが、成功の源である。

・お客様を増やすためには、マーケティングが必要である。





■編集後期■


いかがでしたか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



衰退期のビジネスは、そこに何かの変化をつければ

また活力を得ることができます。

マックアースの事例は、スポーツ市場にとって

一つの光明かもしれません。




今年は、確定申告を早めに済ますことができました。

しかも、増収増益でした。

これもひとえに皆様のおかげです。

私のお客様も増収増益のところばかり。

ありがたいことです。




■「スポーツ店経営実践塾」のご案内はこちらです。

  http://www.121con.jp/keiei/index.html



意見、ご感想がありましたら、121con@mbr.nifty.comまで
ご連絡ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】 ワン・トゥー・ワンコンサルティング
【発行者】 梅本泰則
【URL】 http://www.121con.jp/
【ブログ】 「お客さんが集まる元気なスポーツショップの作り方」
      http://ameblo.jp/121con/
【Eメール】121con@mbr.nifty.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※バックナンバーをお読みになりたい方はこちら。

http://backnum.cbz.jp/?t=tn38&b=nm23&m=2c7m

※配信が不要な方はお手数ですが下記から解除願います。

https://regist.combzmail.jp/d/2c7m&m=E-Mail