バックナンバー

  がんばれスポーツショップ。業績向上のツボ! http://

□ 最新号

  【がんばれスポーツショップ】ス...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ。...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ。...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【緊急告知】4月8日に私のセ...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ。...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ号...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...

【がんばれスポーツショップ】中国古典の言葉より

  発行日:2017年04月26日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
---------------------------------------------------------------
このメールは、過去にワン・トゥー・ワンコンサルティング梅本泰則主催の
セミナー等に参加してくださった方、コンサルティングを受けられた方、
お問い合わせをいただいた方、名刺交換をさせていただいた方など
『大切な方』にお送りしています。
-------------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!


     2017年4月26日発行          第531号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


●今日のテーマ:中国古典の言葉より


こんにちは。

ワン・トゥー・ワンコンサルティングの梅本泰則です。
http://www.121con.jp/

当メールマガジン、

「がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ」は、

スポーツショップの皆様の業績が、より向上することを願って

書かれたものです。

きっとこのメルマガの中には、あなたのお店がかかえている

問題を解決するヒントが隠されていると思います。

どうか気楽にお読みください。

----------------------------------------------------
 スポーツ店専門コンサルタントのページはこちら
   http://www.121con.jp/
----------------------------------------------------

私は、月に1回、ニュースレターを発行しています。

何人かの読者の方には届いているかもしれません。

その中に「今月の格言」というコラム欄があります。

私が気に入っている中国古典などにある言葉を

ご紹介したものです。

今回は、そこから、

いくつか選んでご紹介したいと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■       中国古典の言葉より       ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1.経営に関する言葉



●経(はか)るに五事をもってす

 
 孫子の言葉です。

 孫子は世界中で読まれています。

 特に経営者の読者が多いようです。

 「これを経るに五事をもってす」は、

 孫子の最初の方の「始計篇」に出てきます。

 戦いに勝つには五つの基本原則がある、と言っているのです。

 五つとは、「道」「天」「地」「将」「法」のことです。

 経営に置き換えてみると、

 「道」は「経営方針」、「天」は「時流」、

 「地」は「地域」、「将」は「経営者」、

 「法」は「組織・戦略」ということになるでしょう。

 孫子には経営のヒントが満載です。


●功の崇(たか)きは、これ志、業の広きは、これ勤


 中国の最古の歴史書「書経」の言葉です。

 成功のためには「志」と「勤」の二つが必要だといっています。

 「志」とは大きな目標、そしてその目標を達成するためには

 「持続的な努力」をしなければならないという意味です。

 まさに私たちの人生にも経営にも当てはまります。

 三千年も前に、このようなことが言われていたとは驚きです。

 日本人は「勤」は得意ですが、問題は「志」。

 最初は「志」の無いままに事業を始められた方も、

 気がついたときに「志」を持てば大丈夫です。

 成功に至ることが出来るでしょう。

 私ももう一度、目標を確認することにします。



2.経営者に関する言葉



●徳は才の主、才は徳の奴なり


 明の洪自誠が著した「菜根譚」にある言葉です。

 「菜根譚」は、あまり知られた書物ではありませんが、

 名経営者の隠れた愛読書となっています。

 このことばの意味は

 「立派な人になるには人格と才能が必要だが、

 人格を高めることの方が重要だ」という意味です。

 世の中には才能に優れた人が数多くいます。

 頭の良い人、勉強のできる人、

 スポーツに長けた人、技術のある人。

 その才能を活かすには、「徳(人格)」が伴っていなければ

 うまくいかないということです。

 「才」だけで一時的に成功したとしても、

 それはやがて崩れていきます。

 やはり、人格を磨くことが先決なのです。

 「菜根譚」では、「徳は事業の基なり」とも言っています。



●その長ずる所を尊び、その短なる所を忘る


 ご存知、三国志に出てくる呉の孫権の言葉です。

 上司が部下を育てる方法を説いています。

 部下の短所は見ないで長所を伸ばせ、ということですね。

 人というのは、その欠点ばかりに目が行きがちです。

 良い所をなかなか見つけられません。

 ですから良い指導が出来ないのです。

 良い上司は部下の成果を心からほめてあげます。

 あの山本五十六元帥も言っています。

 「ほめてやらねば人は動かじ」。

 そして、経営コンサルタントの船井幸雄さんは

 「他人を心からほめられるようになって一人前」と

 言っています。

 それほどほめることは難しいのです。

 「知識も経験も教養もない人間力の低いうちは、

 他人の欠点しか見えない」からだそうです。



3.学び方に関する言葉



●人はすべからく事上にあって磨くべし 


 知行合一を説いた陽明学の始祖、

 王陽明の言行録「伝習録」にある言葉です。

 「事上」とは「実践」のことで、

 人は実践によって鍛錬をするべきだ、ということです。

 自分を磨くには、優れた本を読んだり、

 優れた人の話を聞いたりすることは大切ですが、

 陽明はそれだけではいけないと言っています。

 学んだことを実践し、

 体で覚えてこそ本当に自分の身に付くということです。

 私の周りにも勉強家は多いですが、

 読書やセミナーの段階でとどまっている人も見かけます。

 本や人から知識を得るのに比べて、

 行動に移すことがはるかに大変です。

 心したいと思います。


●小人の学は耳より入りて口より出ず


 「荀子」の言葉です。

 荀子は、孟子の性善説に対して、性悪説を説きました。

 とはいってもどちらも高名な儒学者ですので、

 考えの根本は同じです。

 この荀子の言葉は「口耳(こうじ)の学」として有名ですね。

 意味は、聞きかじったことを他人に受け売りするだけでは、

 本当に自分の身につかない、ということです。

 しっかりと自分で考え、

 学んだことを自分のものにすることにこそ、

 「学び」の意味がある、と唱えておられます。

 ちなみに「小人」とは、つまらない人とか、

 出来の悪い人という意味です。



以上、6つの言葉をご紹介しました。

どれか、心にひっかかったものはあったでしょうか。





■今日のツボ■


・経(はか)るに五事をもってす

・功の崇(たか)きは、これ志、業の広きは、これ勤

・徳は才の主、才は徳の奴なり

・その長ずる所を尊び、その短なる所を忘る

・人はすべからく事上にあって磨くべし

・小人の学は耳より入りて口より出ず



■編集後期■


いかがでしたか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



欧米のビジネス書からも学ぶことは多いです。

戦略やマーケティングなど、実践に活かせます。

一方、中国の古典からは

心のあり方について学ぶことが多いですね。





(株)ビジネスバンクグループ、浜口隆則代表の

お話を聞いてきました。

その中で、どんな高価値の商品も、提供し続ければ

「絶対価値」は下がる、と教えられました。

その理由は、「お客様が飽きるから」です。

大変良い気付きをいただきました。






●「121わくわく新聞4月号」を発行中です。

 こちらからお読みください。

 http://www.121con.jp/news/index.html




意見、ご感想がありましたら、121con@mbr.nifty.comまで
ご連絡ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】 ワン・トゥー・ワンコンサルティング
【発行者】 梅本泰則
【URL】 http://www.121con.jp/
【ブログ】 「お客さんが集まる元気なスポーツショップの作り方」
      http://ameblo.jp/121con/
【Eメール】121con@mbr.nifty.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※バックナンバーをお読みになりたい方はこちら。

http://backnum.cbz.jp/?t=tn38&b=nm23&m=2c7m

※配信が不要な方はお手数ですが下記から解除願います。

https://regist.combzmail.jp/d/2c7m&m=E-Mail