バックナンバー

  がんばれスポーツショップ。業績向上のツボ! http://

□ 最新号

  【がんばれスポーツショップ】ス...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...

他のバックナンバー

【がんばれスポーツショップ】人事評価は何のためか

  発行日:2018年12月26日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
---------------------------------------------------------------------
このメールは、過去にワン・トゥー・ワンコンサルティング梅本泰則主催の
セミナー等に参加してくださった方、コンサルティングを受けられた方、
お問い合わせをいただいた方、名刺交換をさせていただいた方など
『大切な方』にお送りしています。
---------------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!


     2018年12月26日発行         第618号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


●今日のテーマ:人事評価は何のためか


こんにちは。

ワン・トゥー・ワンコンサルティングの梅本泰則です。
http://www.121con.jp/

当メールマガジン、

「がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ」は、

スポーツショップの皆様の業績が、より向上することを願って

書かれたものです。

きっとこのメルマガの中には、あなたのお店がかかえている

問題を解決するヒントが隠されていると思います。

どうか気楽にお読みください。

----------------------------------------------------
 スポーツ店専門コンサルタントのページはこちら
   http://www.121con.jp/
----------------------------------------------------

年末です。

賞与を手にして喜んでいる人も多いでしょう。

そして、巷ではゴーン氏の報酬が問題になっています。

業績の評価と報酬の関係は難しいですね。

特に、欧米の報酬の考え方は、

日本人にはなかなかなじめません。

そこで、今回は人事評価の話です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■      人事評価は何のためか       ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1.人事評価はむつかしい



私は、人事の専門家ではありません。

しかし、人事がむつかしいことは、よく知っています。


以前、人事について学んだことがありました。

・成果主義

・目標管理制度

・コンピタンシー

・エンパワーメント

・キャリアデベロップメント

・エンプロイアビリティ

これ以外にも、人事に関する用語は山のようにあります。

しかも、欧米の考え方も数多く取り入れられて、

なかなかむつかしいものです。


そして、多くの人がもっとも興味があるのは

「人事評価」ではないでしょうか。

人事考課とも、人事査定ともいわれます。

それは、昇進や配属、給与に関わってくるからです。


私は、サラリーマン時代、

年に2回訪れる「人事評価」が、本当に嫌でした。

人が人を評価するのは難しいことなのです。

とくに、部下を評価する時は、たまりません。

いくら仕事とはいえ、

部下の人生の一端を決めてしまうことになります。

そんな資格があるとは思えなかったのです。


ですから、

「情」が入り込んでしまうこともよくありました。

それに、人には相性や好き嫌いというものもあります。

それが、

少なからず評価に影響を与えることだってあるのです。


逆に、部下もこう思っていたかもしれません。

「あなたのような上司に評価されたくはない」。

能力のある部下なら、

そう考えても不思議はありません。


そんなこともあってでしょうか、

人事評価の方法に

「目標管理制度」というものが登場しました。



2.人事評価の内容



その方法は会社によって違います。

私が知っている方法は、

仕事に対する目標を自分で設定するものです。

売上目標や利益目標はもちろん、

顧客獲得数や改善提案提出数といったことも目標とします。


これらの目標値は、

期の初めに上司との話し合いで決めなければいけません。

そして、半期ごとに目標達成度に応じて人事評価をします。

数字が基になっていますので、

評価基準が明確で公平な評価制度のようです。


ところが、この目標管理制度も、

組織運営において弊害が出ているところもあります。

日本人は「他と同じ」ことを求める傾向があるからです。

高い評価を受けた社員が、組織から浮いてしまいます。

また、「妬み」が渦巻くかもしれません。


いずれにしても、あなたも毎年、

人事評価には悩まされていることでしょう。


あなたのお店では、

人事評価に当たって、社員一人一人と面接をします。

あなたが手にした人事評価シートをもとに、面談です。

目標に対する実績が分かっていますから、

その要因や努力をしたことを聞き出していきます。


その一方で、あなたから伝えられることは、

がんばってくれた事柄や、期待していたことへの評価です。

いろいろと会話をした後、今後の目標や計画について、

お互いに意見をかわします。


中には、面談が一時間ほどになることもありますが、

内容はこれで十分です。

また、大きな会社なら、中間管理職が面談を行いますが、

あなたのお店ならば、あなた一人で面談と評価を行います。

その方が良いのです。


実は、あなたは

普段から社員の一人一人と、よく話をしています。

とてもコミュニケーションが上手です。

それならば、

わざわざ人事評価の面談をしなくても良いようなものですが、

それはそれで意味があります。



3.面談の意味



その意味は三つです。


一つは、社員との真剣な会話が出来ることにあります。

普段のコミュニケーションがあるとはいえ、

人事評価の場での話し合いは真剣です。

やはり、真剣勝負での話で、お互いの理解が深まります。


二つ目は、あなたが成長する機会だということです。

人事評価をするためには、

普段から社員一人一人の行動をよく観察しなければなりません。

そのことで、社員を見る目が養われていきます。

そして、社員からどんな考えが引き出せるか、

社員にどんなアドバイスが出来るかが試されるのです。


また、この面談では、

社員からあなたを判断されることにもなります。

経営者としてどんな哲学を持っているか、

どんな努力をしているのか、

そして、どれだけ人間力が成長したかといったことを

見られるのです。

ですから、面談は成長の機会となります。


そして三つ目は、

社員の皆さんに同じ方向を向いてもらう機会となる

ということです。

例えば、話し合いの中で、

業務を続けるうちに何となく方向性がずれてしまった社員の

方向修正ができます。

また、そうでない社員とは、

改めて方向性の確認が出来るでしょう。


このように、人事評価の面談は、

評価する側とされる側の場にしてはいけません。

あなたも社員も共に成長をする場にすることです。


そして、もう一つ付け加えておきます。

町のスポーツショップには、

大企業のような人事評価制度は必要ありません。

たいそうな評価シートが無くても、

普段から社員のことを気にかけていれば

自然と正しい評価が出来るのではないでしょうか。


それでも面談は必要です。

面談によって、

社員の人たちとあなたとの信頼感を強めることができます。

そうすれば、

あなたの決めた評価には、皆が納得することでしょう。

そして、そんな経営者であり続けてほしいと思っています。







■今日のツボ■


・人事評価はむつかしいが、やらなければいけない。

・町のスポーツショップには、大企業のような人事評価はいらない。

・人事評価の面談には、三つの意味がある。




■編集後記■


いかがでしたか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



いずれ、人事評価をAIがやってくれる時代が

来るかもしれません。

しかし、人間性までは評価してくれないでしょう。

大切なのは数字よりも人間性だと思います。




今年最後の発行となりました。

一年間お読みいただきありがとうございました。

また、多くの方からご意見、ご感想をいただき

感謝の思いでいっぱいです。

来年も引き続き、頑張って発行していきますので、

よろしくお願いします。

それでは、良い年をお迎えください。





●経営士補養成講座開催のお知らせ
 
 日程:2019年1月19日、2月2日、2月9日、2月16日、2月23日の5日間
    ※毎回土曜日開催

 会場:愛知学院大学 名城公園キャンパス(地下鉄名城公園駅徒歩3分)

 内容 定員10名 参加費75,000円 申込締切12月27日(水)

 お申し込みはこちら→ https://www.keieishikai-c.jp/





意見、ご感想がありましたら、121con@mbr.nifty.comまで
ご連絡ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】 ワン・トゥー・ワンコンサルティング
【発行者】 梅本泰則
【URL】 http://www.121con.jp/
【ブログ】 「お客さんが集まる元気なスポーツショップの作り方」
      http://ameblo.jp/121con/
【Eメール】121con@mbr.nifty.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※バックナンバーをお読みになりたい方はこちら。

http://backnum.cbz.jp/?t=tn38&b=nm23&m=2c7m

※配信が不要な方はお手数ですが下記から解除願います。

https://regist.combzmail.jp/d/2c7m&m=E-Mail