バックナンバー

  がんばれスポーツショップ。業績向上のツボ! http://

□ 最新号

  【がんばれスポーツショップ】コ...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...

他のバックナンバー

【がんばれスポーツショップ】横浜DeNAベイスターズに学ぶ経営

  発行日:2019年04月10日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
---------------------------------------------------------------------
このメールは、過去にワン・トゥー・ワンコンサルティング梅本泰則主催の
セミナー等に参加してくださった方、コンサルティングを受けられた方、
お問い合わせをいただいた方、名刺交換をさせていただいた方など
『大切な方』にお送りしています。
---------------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!


     2019年4月10日発行         第633号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


●今日のテーマ:横浜DeNAベイスターズに学ぶ経営


こんにちは。

ワン・トゥー・ワンコンサルティングの梅本泰則です。
http://www.121con.jp/

当メールマガジン、

「がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ」は、

スポーツショップの皆様の業績が、より向上することを願って

書かれたものです。

きっとこのメルマガの中には、あなたのお店がかかえている

問題を解決するヒントが隠されていると思います。

どうか気楽にお読みください。

----------------------------------------------------
 スポーツ店専門コンサルタントのページはこちら
   http://www.121con.jp/
----------------------------------------------------

春の甲子園が終わりました。

高校野球があれほど人気なのはどうしてでしょう。

メディアが選手や学校の情報をドラマティックに

報道しているためかもしれません。

東邦高校が平成の最初と最後に優勝したというのも

一つのドラマですね。

今回は野球の話です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   横浜DeNAベイスターズに学ぶ経営   ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1.横浜DeNAのマーケティング



プロ野球のシーズンが始まりました。

何となく盛り上がりを感じます。

観客も増えているのではないでしょうか。


ソフトバンク、楽天、DeNAといった

IT企業が参入してから球界が変わってきています。

それまでとは違った考え方や手法が

取り入れられているからです。


そして、横浜DeNAの経営手法は、

何度もメディアに取り上げられています。

2月20日の「ITメディア」でも、

横浜DeNAのことが記事になりました。

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1902/20/news012.html


それによりますと、

2018年のDeNAの観客動員数は200万人を超え、

この7年間で1.8倍に増えたとのこと。

そして、毎年赤字を出していた球団経営が、

2016年に黒字になりました。

素晴らしいですね。


どんな方法で、そのようなことになったのでしょう。

よく「チームが強くなれば、観客は増える」と

球団関係者や選手は言います。

ところが、DeNAはそうは考えませんでした。

ファンに、

「勝っても負けても満足できる」体験を提供することが

観客を増やすことにつながると考えたのです。


マーケティングで言うところの、

「誰に」「何を」「どうやって」の中の

「何を」の部分ですね。


その体験とは、例えば

球場内でのイベント「ヨコハマ スター ナイト」という

選手と観客が一体となって盛り上がるイベントを行いました。

また、球場外で行う「勝祭(かっさい)2018」という

歩行者天国イベントもそうです。

公式試合をビアガーデンやホテルで観られる

「ライブビューイング」も行っています。

これが「どうやって」ということですね。



2.DeNAの成功の秘密



そして、マーケティングですから

「誰に」を明確にしなくてはなりません。

当然、DeNAは、

まず顧客ターゲットを明確にしてから

マーケティングを始めました。


それは「アクティブサラリーマン」です。

「野球好きのおやじ」ではありません。

つまり、20〜30代の働く男性で、

アウトドアやイベントに出かけることを好む人たちです。

そうしたターゲットに対して、

体験を提供しようと考えました。


そして、売上の公式は「客単価×客数」です。

客単価よりは観客数を増やすことを優先しました。

そのためには

「チームが強くなることだ」という古い意識を変えていきます。

スポーツショップでも

「商品を安く値引きをすればお客様が増える」という

古い考え方を持っているのと同じです。


DeNAは、

それを「楽しめる体験」で目的を果たそうとしました。

実はこの体験も、本当に成果があがるかどうか

やってみなくては分かりません。

いろいろなアイデアを出して実行しましたが、

失敗したことも少なからずあったそうです。

挑戦することが大切だということを示しています。


DeNAには、まだ成功の秘訣がありました。

黒字になるまでに、5年という時間がかかっていますが、

決して経費削減という方法をとらなかったことです。

経営を頑張って売上や利益を増やし、

その利益を選手や施設への投資にまわしてきたために

黒字になるまでに時間がかかりました。


よくある、人件費や広告宣伝費のカットではなく、

逆にそこを増やしたのです。

立派な経営だと言っていいでしょう。



3.DeNAから学べること



さて、このDeNAの戦略から、

あなたのお店でも学べることがあります。

まず、DeNAの

「チームが強ければお客様が来てくれるわけではない」

という考え方。

これは、

「人気ブランドや商品をそろえれば

  お客様が来てくれるわけではない」

という考え方に通じます。

商品力だけに頼っていてはだめなのです。


そして、DeNAが「誰に」を明確に決めたように

あなたのお店もそうしましょう。

例えば「うまくなりたいと思っている部活生徒」とか

「レギュラーを目指して頑張っている10代の若者」とか。


また、DeNAは、

中心ターゲットである「アクティブサラリーマン」だけでなく、

その周辺にいる人たち(家族など)にもアプローチをしました。

あなたのお店も、

部活生徒を応援している友人、家族、先生、監督コーチ

といった人たちにもアプローチすることです。

きっと効果があるでしょう。


「何を」は、まさに「満足できる体験」です。

これはいろいろアイデアが出てくるでしょう。

例えば、

・有名スポーツ選手と触れ合える

・技術レベルが上がる指導が受けられる

・お客様とお店が交流できるイベント

というのは、よくある方法です。


そして、

利益が増えたら、DeNAのように投資をしましょう。

お店の内装や外装を新しくするのも良いです。

ホームページに投資するのも良いかもしれません。

きっと、経営の良い循環が生まれるはずです。





■今日のツボ■


・横浜DeNAの観客が増えたのにはワケがある。

・それは、「勝っても負けても楽しめる」体験を提供したことである。

・スポーツショップもDeNAから学べることが多い。





■編集後記■


いかがでしたか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



2018年夏の甲子園の来場者数は

100万人を超えたそうです。

入場料を値上げしても、その数は増えています。

これをビジネスとしてとらえる日はやってくるのでしょうか。





家の近くにはいくつもの桜並木があります。

花見客が絶えません。

その並木の一つに沿って、若者向けの商店街が出現。

新しい人の流れが生まれました。

古いシャッター通りの代わりになるといいですね。






意見、ご感想がありましたら、121con@mbr.nifty.comまで
ご連絡ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】 ワン・トゥー・ワンコンサルティング
【発行者】 梅本泰則
【URL】 http://www.121con.jp/
【ブログ】 「お客さんが集まる元気なスポーツショップの作り方」
      http://ameblo.jp/121con/
【Eメール】121con@mbr.nifty.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※バックナンバーをお読みになりたい方はこちら。

http://backnum.cbz.jp/?t=tn38&b=nm23&m=2c7m

※配信が不要な方はお手数ですが下記から解除願います。

https://regist.combzmail.jp/d/2c7m&m=E-Mail