バックナンバー

  がんばれスポーツショップ。業績向上のツボ! http://

□ 最新号

  【がんばれスポーツショップ】コ...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...

他のバックナンバー

【がんばれスポーツショップ】地域小売店の生き残り策は

  発行日:2019年12月11日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
--------------------------------------------------------------------
このメールは、過去にワン・トゥー・ワンコンサルティング梅本泰則主催の
セミナー等に参加してくださった方、コンサルティングを受けられた方、
お問い合わせをいただいた方、名刺交換をさせていただいた方など
『大切な方』にお送りしています。
---------------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!


     2019年12月11日発行         第668号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


●今日のテーマ:地域小売店の生き残り策は


こんにちは。

ワン・トゥー・ワンコンサルティングの梅本泰則です。
http://www.121con.jp/

当メールマガジン、

「がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ」は、

スポーツショップの皆様の業績が、より向上することを願って

書かれたものです。

きっとこのメルマガの中には、あなたのお店がかかえている

問題を解決するヒントが隠されていると思います。

どうか気楽にお読みください。

----------------------------------------------------
 スポーツ店専門コンサルタントのページはこちら
   http://www.121con.jp/
----------------------------------------------------

この20年間、

日本のGDPは大して伸びてはいません。

そして、多くの産業が行き詰っています。

従来の手法が通用しなくなっているためでしょうか。

そんな時は、古い歴史をひも解いてみると

参考になることが見つかるかもしれません。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■     地域小売店の生き残り策は      ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1.地域のお店の対策



帝国データバンクが全国140万社を調査したところ、

危機に瀕している中小企業は31万社に上る、

とあります(日経ビジネス)。

約2割の中小企業が危ない状態にあるというわけです。

そんなことで、

各業界の中小企業が、この数十年で激減しています。

スポーツ用品業界も同じです。


スポーツ店の数は、2002年の18000店から

2016年には13500店となり、

約25%の店が無くなっています(商業統計)。

スポーツショップの経営者は、

この状態に動揺していることでしょう。

人口の少ない地域では、なおさら深刻な問題です。

こうした状況に対して、

何か手を打つことはできるでしょうか。


もちろん、それぞれのお店では、

さまざまな対策を講じています。

ネット販売に舵を切ったお店。

外商活動に販売を集中させたお店。

多店舗化に投資をしたお店。

取扱商品を絞りこんだお店。

スポーツ関連施設の事業を展開したお店。

いろいろです。


しかし、そうした手を打てないお店もあります。

また、手を打ったけれど

必ずしもうまく行っていないお店もあるかもしれません。

では、その他に何か有効な手はあるでしょうか。

私なりに考えてみました。


「合従連衡(がっしょうれんこう)」という言葉を

聞いたことがあるでしょう。

合従連衡とは、中国の戦国時代、

強国秦に周囲の弱小6国がどのように対していくかを

考えたものです。


そして、「合従」というのは、

6つの国が同盟を結んで秦に対抗する策で、

「連衡」は6つの国がそれぞれ秦と同盟を結んで

安泰を図ろうとする策を言います。

どうも今回はこの策がヒントになりそうです。



2.合従連衡を考える



この戦略を小売店に置き換えてみると、

合従策は小売のボランタリーチェーンに、

連衡策はフランチャイズチェーンに当たるでしょう。

地域の弱小小売店にとっては、

どちらの策が良いと思われますか。


例えば、大手スポーツチェーンが本部となり、

地域スポーツショップをフランチャイズとして

傘下に収めるといったことも考えられます。

連衡策ですね。

その場合、

地域スポーツショップの独立性はなくなります。


一方、合従策はどうでしょうか。

地域のスポーツショップが集まり協力して行く方法です。

対抗する相手は、

大手スポーツチェーン、大手ネットショップ、

メーカー直営店といったところとも考えられますが、

「時流の変化」こそ真に考えるべき相手です。


実は、私は

今後地域スポーツショップが生き延びていくためには、

この「合従策」がふさわしいと考えています。

例えば、合従策によって複数のお店が集まり、

共同で力を発揮できるようにするのです。

その集まったお店の年商合計が

10億円〜20億円くらいになればどうでしょう。

それなりに存在感のあるグループになります。

一つの勢力になるはずです。


ですから、

この「合従策」を真剣に考えられてはどうかと思います。

そして、幸いにも私たちの業界には、

それを可能にする土台の組織があるではありませんか。

小売商組合です。


全国各県には、それぞれ名称は違いますが、

スポーツ店小売商組合があります。

そこに加盟しているお店がその気になれば、

合従策がとれると思うのです。

一つの県だけでなく、複数県でまとまる方法もあります。



3.グループ化をする



もちろん、今までも各県の小売商組合は

頑張って活動をしてきていることでしょう。

しかし、本気で加盟店同士が手を組むことは

なかったのではないかと思います。

なぜなら、同じ組合の店とはいえ、

お互いに地域での競争相手として考えられているからです。

その証拠に、

よく「お客を取った、取られた」という話を聞きます。


今後は、そんなアツレキを超えて、

地域のお店が本気で協力していくことが必要でしょう。

ただし、それもうまく運営しないと、

途中で機能しなくなる可能性が高いです。

そのためには、

しっかりとした運営本部を作る必要があります。


そして、運営本部のリーダーとなる人材が重要です。

自分の店の事だけを考えるリーダーではなく、

業界や地域のことを真剣に考えるリーダーを選びましょう。

リーダーが決まったら、運営本部は

事業計画をしっかりと作らなければなりません。

この場合、

経営コンサルタントに手伝ってもらうことを勧めます。

その方がスムーズに出来るからです。


その事業計画には、必ず商品戦略を入れておきましょう。

それも、グループの各お店に利益がもたらされる戦略です。

例えば、どこかのメーカーさんに協力してもらい

限定のスポーツウエアやシューズを作れないでしょうか。

同時に販売方法も考えます。

1つのお店で考えるより、複数のお店で考えた方が

良いアイデアが出るはずです。


また、グループのウエブサイトを作ってはどうでしょう。

一店舗で運営するより負担も減りますし、

内容も豊富になります。

スポーツ教室や大会などのイベントも、グループで行えば

結構インパクトのあるものになるでしょう。

さらに、人材の採用や商品管理、顧客管理なども

本部で出来るようになれば、グループの意味も増します。


これらのことによって、きっとそれぞれのお店の経営も

強化されていくことでしょう。

そのためにも、ぜひ「合従策」を検討してみてください。







■今日のツボ■


・地域のスポーツ店は合従策を採用すると良い。

・年商合計が10億円〜20億円以上のグループ化をする。

・運営本部の設置と志の高いリーダーが必要である。





■編集後記■


いかがでしたか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



もちろん、小売商組合は全国組織でもありますので、

地域だけではなく全国を対象に考えることもできます。

しかし、それでは実現のスピードが遅くなるでしょう。

もうそんなに時間はないような気がします。

グループ化に興味のあるお店があれば、

ぜひご連絡ください。






いよいよ各競技の

五輪代表選手が決まり始めました。

この4年間の努力が報わるかどうか、

選手にとっても、その関係者にとっても、

やきもきする時間が続きます。

幾多のドラマが待っていることでしょう。

日本中が熱気に包まれる日は、

もうそこまで来ています。







意見、ご感想がありましたら、121con@mbr.nifty.comまで
ご連絡ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】 ワン・トゥー・ワンコンサルティング
【発行者】 梅本泰則
【URL】 http://www.121con.jp/
【ブログ】 「お客さんが集まる元気なスポーツショップの作り方」
      http://ameblo.jp/121con/
【Eメール】121con@mbr.nifty.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※バックナンバーをお読みになりたい方はこちら。

http://backnum.cbz.jp/?t=tn38&b=nm23&m=2c7m

※配信が不要な方はお手数ですが下記から解除願います。

https://regist.combzmail.jp/d/2c7m&m=E-Mail