バックナンバー

  がんばれスポーツショップ。業績向上のツボ! http://

□ 最新号

  【がんばれスポーツショップ】コ...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...
【がんばれスポーツショップ】...

他のバックナンバー

【がんばれスポーツショップ】スポーツショップの参考になるお寺の話

  発行日:2019年12月18日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
--------------------------------------------------------------------
このメールは、過去にワン・トゥー・ワンコンサルティング梅本泰則主催の
セミナー等に参加してくださった方、コンサルティングを受けられた方、
お問い合わせをいただいた方、名刺交換をさせていただいた方など
『大切な方』にお送りしています。
---------------------------------------------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

  がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!


     2019年12月18日発行         第669号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


●今日のテーマ:スポーツショップの参考になるお寺の話


こんにちは。

ワン・トゥー・ワンコンサルティングの梅本泰則です。
http://www.121con.jp/

当メールマガジン、

「がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ」は、

スポーツショップの皆様の業績が、より向上することを願って

書かれたものです。

きっとこのメルマガの中には、あなたのお店がかかえている

問題を解決するヒントが隠されていると思います。

どうか気楽にお読みください。

----------------------------------------------------
 スポーツ店専門コンサルタントのページはこちら
   http://www.121con.jp/
----------------------------------------------------

テレビ東京の「WBS」「カンブリア宮殿」

「ガイアの夜明け」はいつも観ています。

ビジネスのヒントがあるからです。

そこで、今回は「カンブリア宮殿」で紹介された

事例を取り上げてみます。

スポーツショップにも参考になりそうです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  スポーツショップの参考になるお寺の話   ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1.危機に面している寺院経営



11月28日放送の「カンブリア宮殿」で、

「築地本願寺」が取り上げられました。

400年の歴史を持つ寺院の大改革のモノガタリです。

この事例の中に、

スポーツショップが参考にできることがありました。

どんなことが参考になったでしょうか。


築地本願寺の改革に当たったのは宗務長の安永雄玄氏。

「宗務長(しゅうむちょう)」とは、寺院の代表者のことです。

この安永氏の経歴が変わっています。

僧侶になったのが50歳の時です。

それまでは銀行マンやヘッドハンター会社の経営者として活躍。

ビジネススクールの講師もしていました。

2015年に請われて築地本願寺の宗務長になります。

いわゆる「よそ者」です。


宗教界に入った安永氏は、

その古いしきたりやビジネスモデルに疑問を持ちます。

しかも全国のお寺の将来は、危機に面しているようです。

ある調査によれば、現在お寺の数は77,000ありますが、

今後20年で3割は消えるとされています。

その大きな要因は、

・檀家制度の崩壊

・核家族化

・人口の減少

です。


スポーツ業界で、

学校の減少や、地域の人口減少がもたらしている現象と

よく似ています。


しかも、お寺の収入が年間300万円にも届かないところが

半分近くあるとのこと。

そうした状況の中で、安永氏は3年間の改革によって、

参拝者を倍増させることができました。

いったい、どんな改革をしたのでしょう。

その方法の中には、

あなたのお店でも応用できることがありそうです。



2.改革の方法



まず、安永氏は僧侶たちの意識改革から始めます。

「どんなお寺でありたいか」という質問を投げかけることが

入り口でした。

さすが、ビジネスを経験してきただけのことはあります。

組織を改革するには、

ビジョンや方向性を皆で共有することが重要です。

お坊さんたちは、

今までそのようなことを真剣に聞かれたことは

なかったでしょう。


実は、

スポーツショップにとって、この質問は本当に大切です。

「どんなお店でありたいか」

ぜひもう一度この質問に対する答えを考えてみてください。

そこが改革の第一歩になります。


次に安永氏が行ったのは、収益構造の改革です。

通常、お寺の収入は

お布施や檀家からの寄付に頼っています。

不動産や学校経営などを行っているお寺もありますが、

そんな収入があるお寺ばかりではありません。

ですから、

いかに檀家を増やすかということが大きなテーマです。

ところが、世の中は檀家制度が続かない時代になっています。

大事な収入基盤を失いつつあるのです。


スポーツショップで言えば、学生の数が減ったり、

自治体の予算が減ってきていることに当たります。


そこで安永氏は、檀家制度に頼らない方法を考えました。

地域の住民全員をターゲットにしたのです。

その結果考えられたのが「合同墓」。

宗派を問わずお墓が出来るようにしました。

しかも、30万円からと、実に手ごろな価格です。

現在、合同墓の予約は7000人を超えているとのこと。


これはスポーツショップに当てはめると、

取り扱い競技を増やすということではありません。

お客様を「スポーツ選手」だけに限定しないということです。

そのスポーツ選手周辺の人たち、

例えば家族、応援者、観客などもお客様にする

ということではないでしょうか。


そして、安永氏の改革には、

古参の僧侶から「寺はお金儲けをするところではない」と

反対があったそうです。

当然ですね。

長いこと同じ方法で運営されてきたのですから、

そうは簡単に考え方は変えられません。


スポーツショップでも同じようなことが言えます。

今までのやり方を変えるというのは、

自分たちのやってきたことを否定することになると

思ってしまいがちです。

それが時代の変化への対応を遅らせます。



3.顧客ニーズを探る



さて、それはともかく

安永氏はさらに「合同墓」以外の「顧客ニーズ」を考えました。


その一つとして、参拝者だけでなく、

なかなか寺院に足が向かない人たちのために、

境内にカフェを作ります。

これが、インスタ映えをする料理で話題になりました。

SNSマーケティングですね。


それに加えて、おしゃれな仏具を販売するショップや

ブックセンターも備えました。

それらを目当てに参拝者が来る仕掛けです。


これもスポーツショップで応用できますね。

カフェまでは無理かもしれませんが、

おしゃれなスポーツ雑貨や

スポーツ関連書籍を集めることくらいは出来るでしょう。

インスタ映えするディスプレイも可能です。


さらに安永氏は積極的に動きます。

「築地本願寺銀座サロン」という施設を作ったのです。

「心と体を豊かに」というテーマで、

就活セミナーや太極拳・ヨガの講座を安価で行っています。

悩みや相談を聞いてくれる「よろず僧談」もあるそうです。

これは「コミュニティ作り」につながります。

10万人の会員を目標にするとのこと。


このアイデアも、スポーツショップで応用出来ます。

フィットネスジムを開くのは大変ですが、

近くのコミュニティセンターで

スポーツセミナーや講座を開くことは簡単です。

スポーツの悩み相談もできるでしょう。

要は、やるかやらないかです。


また、築地本願寺の集客・増客アイデアは

安永氏一人によるものではないでしょう。

僧侶の皆さんで出し合ったアイデアに違いありません。

あなたのお店でも、アイデアは皆さんで出すと良いです。


いずれにしても、

「顧客ニーズ」をよく研究しなければいけません。

とはいえ、お客様が求めていることをお客様に聞いても、

なかなか教えてはくれません。

お客様のほんのちょっとした言葉や態度に

ヒントがあることもあります。

お店の「感度」が大切です。


さて、築地本願寺の改革は、

安永氏が「よそ者」だったから出来たのではないかと思います。

従来の考え方にしばられませんからね。

また、最初に「どうなりたいか」というビジョンを

皆で考えたのも重要なポイントです。

その上で、マーケティングを実行していきました。

何事も「おおもと」の考えが重要なのです。


いかがでしょうか。

今回の事例は参考になったでしょうか。






■今日のツボ■


・築地本願寺の改革手法から学べることは多い。

・意識改革のためには、まずはビジョンを共有することである。

・顧客ニーズをよく知り、それに応えるアイデアを皆で考える。






■編集後記■


いかがでしたか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



お寺も、その時代時代において姿を変えながら

継続してきたのではないでしょうか。

歴史のある組織は、過去のやり方にこだわりがちです。

時代にあった姿を探すことで、継続が出来る気がします。






アメリカンフットボールのシーズンも

終わりに近づいてきましたね。

NFLでは、地区優勝チームが次々と決まっています。

日本では甲子園ボウル、Xボウルが終わり、

いよいよライスボウルを残すだけです。

どちらの試合も伯仲した好ゲームでした。

それにしても、甲子園ボウルで30回も優勝している

関西学院のチーム作りは凄いとしか言えません。









意見、ご感想がありましたら、121con@mbr.nifty.comまで
ご連絡ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】 ワン・トゥー・ワンコンサルティング
【発行者】 梅本泰則
【URL】 http://www.121con.jp/
【ブログ】 「お客さんが集まる元気なスポーツショップの作り方」
      http://ameblo.jp/121con/
【Eメール】121con@mbr.nifty.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※バックナンバーをお読みになりたい方はこちら。

http://backnum.cbz.jp/?t=tn38&b=nm23&m=2c7m

※配信が不要な方はお手数ですが下記から解除願います。

https://regist.combzmail.jp/d/2c7m&m=E-Mail