バックナンバー

  パッケージ通信 http://www.yamagen-net.com

□ 最新号

  パッケージ通信 202405 ...

□ このメールマガジンを読者登録
   しませんか?

 
メールアドレス

お 名 前

ひとこと欄


解除方法は届いたメルマガ内をご覧下さい
CombzMail コンビーズメールを使って、
メルマガ配信しています。

□ このメールマガジンをRSSリーダーに
   登録しませんか? 
RSSリーダーとは?

     

□ これまでの発行号

  パッケージ通信 202405...
パッケージ通信 202404...
YAMAGEN! PICKU...
パッケージ通信 202403...
パッケージ通信 202402...
パッケージ通信
パッケージ通信 202401...
■YAMAGEN! PICK...
パッケージ通信 202301...
■YAMAGEN! PICK...
パッケージ通信 202301...
パッケージ通信
パッケージ通信 202301...
■YAMAGEN! PICK...
パッケージ通信 202309...
パッケージ通信 202308...
■YAMAGEN! PICK...
パッケージ通信 202307...
パッケージ通信
パッケージ通信 202306...
■YAMAGEN! PICK...

他のバックナンバー

  発行日:xxxx年xx月xx日

このバックナンバーをメールで受け取る
メールアドレスを入力してください。

ここで入力したメールアドレスは
このバックナンバーを送信するためだけに利用され
メールマガジンの読者登録などは行われません。
パッケージ通信 201305  5月号 <☆こんな可愛い米袋は初めて♪>

ゴールデンウィークは楽しまれましたか。

若葉の季節です。
近くの公園で緑に囲まれて
お昼ご飯をたべましょう。

いつも パッケージ通信をご覧いただきまして、ありがとうございます。
パッケージやバッグの企画製造に役立つ情報を発信いたします。

パッケージの企画製造などは、是非、ヤマゲンへご相談ください。
お客様のお役に立てるよう、
真心を持ってベストな企画提案をさせていただきます。

パッケージの ご相談は お気軽にフリーダイヤルにて 
■YAMAGEN!へ
0120−1185−78(全国) 
0120−99−4129(東京近辺)
 
 

<<<<<<<<<<<<<<本日のメニューです>>>>>>>>>>>>>>

● 至上初!かわいいカラフルな米袋ミニクラ・ミニトモを追加しました。(^_-)-☆

● 紙袋にかなり高級感のあるジョイホワイトを追加しました。

● 平田が行くー嫗仙の滝篇ー

● カラフルな不織布バッグに、新色新サイズを追加しました。

● 募金箱無料配布継続の案内。

●「社長のマラソン話」 (読まなくっていいです)(-_-;)


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

当社は「チャレンジ25キャンペーン」に登録しています。  
    http://www.challenge25.go.jp/
できることから、どんどんやっていきましょう♪

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


===================================================
パッケージ&バッグの企画製造
■YAMAGEN! 株式会社山元紙包装社
紙袋、紙箱、ビニール袋、不織布バッグ、キャンバストート、エコバッグ、包装紙 etc.
===================================================


このメールマガジンは今までに
http://www.yamagen-net.com
<オリジナル 企画製造のサイト>
http://www.package-shop.jp
<既製品パッケージショップ>
にお問合せ・御注文をいただいた方とお知り合いの方に送らせていただいています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


● 米袋にかわいいカラフルな米袋ミニクラ・ミニトモを追加しました。(^_-)-☆

米袋至上初、こんな可愛い米袋ができました。

4サイズ6色の展開です。

可愛い色目は
うめ、わかくさ、やまぶき、あい、です。

お米以外にも お菓子にも雑貨にも
いろいろと活用ができます。

是非、下記をクリックしてご覧ください。
http://k.d.combzmail.jp/t/z2ud/c001clu0llm76n0e6oDYj




□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


● 紙袋にかなり高級感のあるジョイホワイトを追加しました。

高級感あふれる白い紙袋です。
紙袋の表面に浮出しのエンボス加工が素敵です。
裏面の美しいグリーンとのバランスが絶妙です。

是非、下記をクリックしてご覧ください。
http://k.d.combzmail.jp/t/z2ud/c001dlu0llm76n0e6ofKE




□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


● 平田が行くー嫗仙(おうせん)の滝篇ー

平田が行くー嫗仙の滝篇ー


知らない街を歩いてみたい♪
どこか遠くへ行きたい。♪
“遠くへ行きたい”をバッグミュージックに
嫗仙の滝(群馬県)へ行ってみたいと思います。

嫗仙の滝は、約50万年前に草津白根山から噴出した火砕流が
堆積した溶結凝灰岩によってでき、温泉成分の入った水が岩を赤くした滝。

何故、嫗仙の滝かと語らせて頂きますと、
何年か前にTVで凄く衝撃を受けた事が発端です。
f^_^;) ポリポリ

やっぱり旅の始まりはSMAPの“俺たちには明日がある”から出発進行〜ぅ。
(*´∀`)ノ ♪ 確認よ〜し

東京からJR長野原草津口駅まで鈍行電車で約3時間半の長旅。
ふと、窓越しから過ぎ去る風景に見入られ、
「旅をするのは到達する為ではなく、旅をする事にある」
( ̄∇ ̄)まったり

自分の詩に酔いしれ・・・と思いきや、
うっかりゲーテの詩を盗作してしまったがこれも旅のご愛嬌の一つ。
また、旅にはトラブルが付きものと聞くが私のもとにも舞い降りて来た〜ぁ。
((((;゜Д゜))))))) 要らね〜ぇ

吾妻線乗車中に車掌さんが
「吾妻線の各駅はSuicaが使えないのでこの場で
運賃を現金で支払って下さい」と唐突の通達。
“おいおい”て言う事は、今すぐ池袋〜長野原草津口までの運賃を支払い要求。
「待って下さいよ?」前以て往復費をSuicaにチャージし、
別途財布に1万円と保険証のみ最低限持参しかしていない私、
ウハウハ日帰り予定が貧乏日帰りへ御指名変更。
(ノ`□´)ノ ムキィー

有り得ない聞いてないし、この先もバス代・帰りの電車代を考えると
草津温泉エンジョイキャンセルて事、チャンチャラ可笑しいと言いたい所だが
今の私はダンディな大人、泣く泣く権力に屈服。
(ノД`)・゜・。

長野原草津口駅から草津温泉バスターミナルまで約30分、
草津温泉バスターミナルから嫗仙の滝入口まで徒歩1時間、
これはこれで事細かく語りたかったが、文章の量を考えると敢え無く断念。
いよいよ念願の嫗仙の滝へ突入。
(^o^)/ イェー

入口には数本のストックが無償貸出しされ(自己申告制)、
これを察するに結構な急傾斜な山道なんだろうと思うが、
隣りの看板の方が気になって仕方ない「熊出没注意」。
((((;゜Д゜))))))) 衝撃

チョット・チョット、「私の肉は美味しく無いし」「熊て日本語通じないし」、
若干パニック気味な私だが今はダンディな大人、一応肝に銘じ出発進行〜ぅ。
(後に思い返すと要所要所に熊よけの鈴が有った。)
歩き始めてものの2分位、早くも山道名物の分岐点に遭遇、
一つは順路もう一つは迂回路だが、迂回路看板には
(少し楽です。帰りにご利用下さい。)
(>∀<●)ノ 決まりだね

チョット待ってよ、迂回路て正解それとも罠?。
今の私はダンディな大人、看板を信用し迂回路を選択したものの、
歩けば歩く程この道は桟道で“奥の細道か”と頭に過り、
『松尾芭蕉かよ』と大阪遺伝子がツコんだ事はナイスだが、
人と示す生命体は私一人、春晴天にしては肌寒さを覚えるこの頃。
( ̄◇ ̄;) 青い鳥は何処へ

余談だが、帰りは順路で戻ったが、行きの時間よりも
大分早い時間で戻る事が出来た、しかも上りで。
(>ε<)  畜生

山道は急傾斜で人一人がやっと歩ける道に沢山の落葉が覆っている分、
滑べり落ちそうな恐怖感を覚えるが降りるにつれ、
せせらぎが聞こえ横を振り返ると嫗仙の滝がお目見え、
テンションMAXで下り数年越しでの初ご対面。
(^o^)/  会いたかったYes君に〜♪

堂々とした滝で岩肌が赤い事に感動に浸り、
日本滝百選に選ばれていない事が不思議さえ痛感する。
辺鄙な所にある分、滝の周りはマイナスイオンと自然の香りで心と体の癒やしを満喫。 

このひと時をもっと堪能したいが余り長居が出来ないのも事実、
だって私を首長くして待っている『草・津・温・泉』がね。
(*´∇`人´∇`*) ラブ

でも、草津温泉繁華街で財布の薄さに気付き、
草津の真ん中でうなだれ堕ちたのは話すまでもない。


●東京担当営業アドバイザー  平田 恭司(ひらた きょうじ) 




□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/__/_/_/_/_/_/_/_/

 みなさま お忙しい中 ここまで 読んでいただき ありがとうございます。
 もう少しで 終わりますので できれば 最後まで読んでください ♪

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/__/_/_/_/_/_/_/_/




□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


● カラフルな不織布バッグに、新色新サイズを追加しました。

不織布のバッグに多くの色目を追加いたしました。
イメージにあった色をお選びください。

小判穴の空いた新しいタイプの不織布バッグもできました。

是非、下記をクリックしてご覧ください。
http://k.d.combzmail.jp/t/z2ud/c001elu0llm76n0e6oXfU



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


● 募金箱無料配布継続の案内。

東日本大震災から2年と2ヶ月が経ちました。

当社では現在も東日本大震災に対する復興義援金用募金箱の
無料配布を継続実施しています。

一層の早い復興をお祈り申し上げます。

まだまだ、募金箱はご請求をいただきますので、継続させていただきます。

お一人様1個に限らせていただいていますが
メール便の送料も当社負担で行っています。

募金活動をされる方はお気軽にご要望ください。

下記をクリックして
お問合せフォームよりご請求ください。
http://k.d.combzmail.jp/t/z2ud/c001flu0llm76n0e6o98e

複数必要な方や大型箱や透明箱は販売も行っています。

どうぞ、ご活用ください。

*おかげさまで10,000個以上出荷させていただきました。




□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


●「社長のマラソン話」(私は走ってません)(-_-;)

4月21日日曜日
「第5回水都大阪100キロマラニック」に
私の友人が5名出走しました。

スタートは大阪城。
そこから淀川沿いを枚方と大阪を2往復して
ゴールは桜宮公園です。

スタート時間は2部制です。
1時間制限時間の長いアーリースタートは朝5時30分。
通常は6時30分のスタートです。

小雨の中、アーリースタートで出走したI君。
初の100キロチャレンジです。
ビニールのカッパを着て、颯爽と大阪城を出て行きました。

あとの4名は通常スタート、みんなそれぞれのペースで無理なく出走しました。

スタートを見送った後、
次に応援に向かったのは14時15分でした。
友人の1人K君がもうトップでゴールしたとのこと。
なんとタイムは過去最高の7時間33分でした。

自転車に乗り、他のランナーを応援にまわりました。
ゴール寸前のランナー。
まだまだ60キロ地点くらいを走行中のランナー。
それぞれのペースで限界に挑戦しています。
私は渾身の力で走っているランナーに
頭が下がる思いで声をかけさせていただきました。

苦しい中、笑顔で走ってるランナー。
足を引きづりながらも、なんとか走っているランナー。
悔しいが歩いてしまっているランナー。
ひとりひとりの中にドラマが展開されています。

私は最後先輩の伴走をさせていただきました。
残り約10キロをしっかりと走りきったM先輩に
人間の底力と感動をいただきました。

友人5名中、完走3名、無念のリタイヤ2名でした。

私もまたチャレンジできるよう精進します。

山元久良



-*───────────────────────────────*-
<ちょこっとPR>
パッケージ製造に関して短納期の御要望があれば御相談下さい。
タイミングにより すごいことができる時があります。
 *---------------------------------------------------------------*


お忙しい中、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


次号も良い情報をお届けできるように 努力いたしますので
よろしくお願いします。



 *---------------------------------------------------------------*
【発行所】株式会社株式会社 山元紙包装社
本社  
 〒534-0027大阪市都島区中野町2-9-3
 TEL06-6352-3031
 FAX06-6352-3034
東京営業所
 〒173-0037東京都板橋区小茂根1-25-10-201
 TEL03-3554-5378
 FAX03-3554-5374

【発行人】
 代表取締役 山元久良

【ご意見・ご感想】 
info@yamagen-net.com

【ホームページ】 
http://www.yamagen-net.com
http://www.package-shop.jp

【メルマガ解除】
下記をクリックしていただくとメルマガの登録が解除されます。
https://regist.combzmail.jp/d/z2ud&m=E-Mail